大分県竹田市の観光名所【岡城跡訪問その2】天守閣へ向かおう

【岡城】大手門

2020年4月に大分県竹田市の【岡城跡】を訪問しました。

本記事は【岡城跡】を訪問した体験記事になります。

桜の季節に訪問しましたので、来年のお花見の参考にしていただけたら幸いです。

また、【岡城跡】は四季折々の表情を見せますので、桜の季節以外の訪問もおすすめです。

前記事では【大手門】までの道のりの内容でした。

この流れですと、3部作になるのではないかと思っています。

以前、小説を書いていて思いましたが、3部作と言うのは、大体2本目がダラダラしてしまう事が多いです。

そうならないように、しっかりとお伝えします。

■【岡城跡】Googleマップ

それでは、実際に【岡城跡】を歩いている気分で読んでいただけたら幸いです。

【岡城跡】は桜の花見スポット!
訪問時に咲き乱れる桜

古い大手門の跡だそうです。

入口ともいうべき【大手門】を抜けると、少し視界が開け【古大手門】と言う場所に出ました。

ちょっとした展望台のようにもなっており、下の景色も見えました。

守りの門としては「最適の位置である」と言えますね。

案内板がありました!

鳥瞰図は、温泉がらみの歴史でも見てことがあります。

写真の鳥瞰図は【岡城跡】の現在の姿ではありません。

在りし日の難攻不落だった【岡城】を描いています。

それにしても、現在地から最高で730mなんて、どれだけ広い敷地なんでしょうか。

桜が満開でした!

周辺は桜の花が満開でした。

この時期は、新型コロナウイルスの影響で外出自粛を呼びかけられていました。

これだけ解放感がある場所では、飛沫感染を受けることもなさそうです。

実際、花見で訪問している人が結構いました。

もちろん、新型コロナウイルス対策でマスクをしている人が多かったです。

帰宅したら、うがいと手洗いをきちんとしましょう。

桜の中で見つけた城跡らしき場所!
ここはどこ?

どう見てもお城跡ですよね。

たくさんの桜に囲まれて気分良く歩いていると、突然石垣らしきものが現れました。

これは天守閣でしょうか。

ひとまず近くに行ってみました。

見渡す限りの平原という感じです。


天守閣ではなさそうです。

しかし、かなりの広さがある敷地でした。

桜の木が良いアクセントをかもしだしています。

敷地内は2~3段くらいに分かれており、どうやらお城の跡みたいです。

天守閣以外の小さなお城でしょうか。

桜以外の木もチラホラ。



【岡城跡】は桜の観光スポットですが、桜以外の木もチラホラ見受けられました。

春は桜で夏は新緑。

秋は紅葉で冬は雪化粧と言った所でしょうか。

そう言えば、9月~11月頃には、【岡城跡】の周辺に雲海が広がる光景に出会うことができます。

まるで【天空の城】そのものです。

時期が合えば、訪問してみてはいかがでしょうか。

ただし、早朝出ないと見れませんので、早起きしないといけませんよ。

お屋敷の跡だったんですね。


なるほど。

広い敷地だと思っていたら、お屋敷だったのですね。

案内板や解説もきちんと設置されていますので、歴史が好きな方には良いかもしれませんね。

いよいよ【岡城跡】天守閣?
意外とハードな道のり

これはビュースポットですね!

【お屋敷跡】は少し高台でしたので、普通の道に降りて再び歩きます。

意外と石垣はあちらこちらに見えますが、歩いて行くと結構な距離があります。

【岡城跡】は、歩きやすい靴で訪問されることをおすすめします。


<広告>

なんとなく雰囲気が違う気がします。

どうやら、ここが【天守閣】の入口みたいですね。

【大手門】や【お屋敷跡】とは、少し雰囲気が違います。

ひとまず行ってみない事には始まりませんよね。(笑)

書いてる意味はよくわかりませんが(笑)

相変わらず、桜がきれいに咲いていました。

記念碑でしょうか。

文字の意味はよくわかりませんが、見晴らしの良い場所に設置されていました。

どうやらこの周辺が【天守閣】のようです。

さらに上に行ける階段がありましたが、それは次回の記事でご紹介します。

そういえば、この日、弁当を持ってきていました。

残念ながら、車の中に入れたままにしていました。

入場料を取られるので、中で食べてはいけないのかと思っていました。

来ていた皆さん、普通にお弁当を持ち込んで食べていました(笑)

次回記事で歴史的な有名人と出会える?
その人物は今の教科書に載っているのか


なんやかんや言っても、私の車は車中泊もできるS社のHです。

呼んだ?


車の中のお弁当も、風情があってなかなか良かったですよ。

春先なので、少し暑かったですが、それもいい思い出です。

さて、いよいよ次回記事は【岡城跡】訪問の完結編です。

一体、どんな歴史上の有名人と出会ったのでしょうか。

音楽の教科書を見たら載っているあの人です。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

<広告>

最新情報をチェックしよう!