【塩類泉】の3つ目【硫酸塩泉】の種類について専門家が説明

飲泉可能の温泉

【塩類泉】のシリーズも、いよいよ本記事で完成です。

3つの【塩類泉】と【単純温泉】が理解できれば、残りは6つの【療養泉】です。

【塩類泉】もそうですが、結構、数字やらなんやら出てきて、難しそうに思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際に温泉の中ではそういうことが行われていると考えれば、なんとなく深い知識という気がしませんか。

もっとも、あまり深入りしすぎると、温泉が【癒し】の場所ではなくなってしまいますので気を付けましょう。

ほどほどに知識を持っておくと、【癒し】と同時に温泉を知る楽しみが増える可能性があります。

そのようにありたいと私自身思っています。

それでも、初めての温泉に行くと、ついつい深入りモードになってしまいます。
あまりにも温泉マニアそのものですよね。
イメージを変えるべく、最近は何度か訪問したことがある温泉でのんびりと入浴することも増えました。


なんにせよ本記事では、結構専門的にいきますので、よろしくお願いします。

温泉を知るためには【温泉成分分析書】!
それは【硫酸塩泉】でも変わらない

ある意味【塩類泉】の集大成のような温泉成分分析書

よくよく考えてみれば、私みたいに温泉に触って成分が分かる人じゃない限り、【療養泉】は【温泉成分分析書】を見なければわからないですよね。

とは言え、【塩類泉】の3つは、すっかりお馴染みの【ミリバル%】で判断することになります。

塩化物泉】や【炭酸水素塩泉】と同じく【硫酸塩泉】も【ミリバル%】が20以上であれば、泉質名がつきます。

前提条件として、温泉水1kg中の成分総量(ガス性のものを除く)が、1g以上であるという事です。

温泉の温度は関係ありません。

はい。

これで【硫酸塩泉】の説明は終わりですが、ちょっと物足りないですよね。

実は【硫酸塩泉】は、陽イオンのナトリウム・カルシウム・マグネシウムの3つのうちどの成分と結びつくかで泉質名が変わるって知ってましたか?

正確に言うと旧泉質ということで、現在の泉質に直すとどれも【硫酸塩泉】です。

それぞれどう違うか知りたくないですか。

次項では、ナトリウム・カルシウム・マグネシウムと【硫酸塩泉】が結びつくとどうなるのかについて説明します。

同じ【硫酸塩泉】でも違う?
旧泉質による分類

熊本県【黒川温泉】にて

元々【硫酸塩泉】は、傷・リュウマチ・脳卒中などに効果が期待できる泉質と言われています。

この【硫酸塩泉】がナトリウムと結びついた場合、【ナトリウムー硫酸塩泉】になります。

【ナトリウムー硫酸塩泉】は旧泉質で【芒硝泉(ぼうしょうせん)】と呼ばれます。

次にカルシウムと結合した場合、【カルシウムー硫酸塩泉】ですが、これは【石膏泉(せっこうせん)】という名前です。

マグネシウムと結合すると、【マグネシウムー硫酸塩泉】で【正苦味泉(しょうくみせん)】です。

また、鉄分と結合した【緑礬泉(りょくばんせん)】やアルミニウムと結合した【明礬泉(みょうばんせん)】なども【硫酸塩泉】の旧泉質名になります。

飲泉できるものもありますが、苦みがあるのが特徴で、温泉の中では飲みにくい部類になります。

また、酸性成分が強いものもあり、苦みと酸味の両方を味わうことができます。

個人的な入浴感ですが、【硫酸塩泉】の場合、小さなつぶつぶゼリーの中に入っているような肌触りがあります。

浴後は【塩化物泉】ほどではありませんが、体がじんわりと温まってきます。

【硫酸塩泉】に入浴したくなった
どこに行けば良い?

熊本県【黒川温泉】に流れる川

実は【硫酸塩泉】の温泉は、九州ではあまり見かけません。

全然ないというわけではありません。

【硫酸塩泉】のみというのを、あまりみたことがありません。

大抵、鉄分やカルシウムはもちろん、【塩類泉】の【塩化物泉】や【炭酸水素塩泉】と一緒にくっついているような気がします。

もちろん、私は【硫酸塩泉】のみの温泉に入浴したことがあります。

どちらかと言えば、青みがかっているものが多かった気がします。

日本には九州だけではなく、各地にいろいろな温泉があります。

まだ見ぬ温泉の中には、シンプルな【硫酸塩泉】もあるはずです。

もし入浴できましたら、こちらの【温泉記事】で紹介させていただけたらと思っています。

【塩類泉】だけでは終わらない!
残りの【療養泉】のキーワードは【規定成分】

本記事で【塩類泉】については完了です。

次回からは【規定成分】によって泉質が決まります。

この【規定成分】は意外にややこしく、【単純温泉】の成分総量(ガス性のものを除く)である温泉水1kg中1g以下の範囲で収まるものもあります。

【規定成分】がガス性のものまであります。

【単純温泉】はもとより、成分量が1g以上の【塩類泉】にまで関わってくる泉質もあります。

いろいろとややこしいですが、それだけ奥が深いのが温泉です。

知れば知るほど、温泉についてもっと深く知りたくなるかもしれませんよ。

本記事が、温泉について勉強しようと思うキッカケになれば嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



<広告>

最新情報をチェックしよう!