【火山温泉】と【非火山性温泉】! 明確な違いはあるのか

火山性温泉の特徴は立ち昇る湯けむりだけではない!

温泉巡りが好きな方は、「温泉施設によって温度が違うな」と感じたことはありませんか。

実は先日、温泉にそこまで興味がない友人と話す機会がありました。

友人に、温泉の温度に違いがあることを説明したら驚かれました。

温泉巡りをしている人からすれば、あたり前の話です。

友人からすれば、夏に入れる熱くないぬるめの温泉があることに、びっくりしたようです。

確かに…。
温泉巡りをしない人からすればそうかもしれませんね。
普通の人は、週1で行くか行かないか程度ですから。

ここで本題です。

どうして、温泉は温度の違いが出てしまうのでしょうか。

一概には言えませんが、原因の1つとして【火山性温泉】と【非火山性温泉】の違いがあります。

本記事では、【火山性温泉】と【非火山性温泉】について説明をさせていただきます。

温泉を訪問した際、「そんな内容の記事を読んだっけ」と思い出していただけたら幸いです。


【火山性温泉】の特徴は源泉温度が高い!

湯けむりが立ち昇っていればほぼ【火山性温泉】で間違いありません!

温泉街というと、湯けむりが立ち昇る場所を思い浮かべてしまいませんか。

浴衣姿で桶とタオルを片手に、ぶらぶらと歩いているイメージですよね。

しかし、温泉街によっては、湯けむりがない場合もありますよね。

そもそも湯けむりは、沸騰泉と呼ばれる温泉でしか見ることができないんだ。
お湯を沸かすと、蒸気が噴き出すことあるよね。
あれが地球規模で起きているのが、湯けむりだよ。

【火山性温泉】の場合、熱源は火山のマグマです。

雨が降ってきて地下にたまり、マグマの熱で温められたものが【火山性温泉】です。

【火山性温泉】に比較的多く見られるのは【塩化物泉】【硫黄泉】【硫酸塩泉】【酸性泉】などで、比較的源泉温度が高いことが多いです。


【火山性温泉】の場合、温度が高い源泉が【地獄】と呼ばれる蒸気や温泉の噴き出す場所になることもあります。

【地獄】に雨水や地面の成分が加わることで、他の泉質成分が加わることも珍しくありません。

炭酸水素塩泉【二酸化炭素泉】【含鉄泉】などです。

【単純温泉】は、温度によるものがほとんどです。

※☝それぞれの泉質を知りたい時には、文字をクリックするとその記事を読めます。

【火山性温泉】の場合は、成分量以前に温度ですでに【単純温泉】になっていることも多いです。

それは【非火山性温泉】も同様です。

次章では、【非火山性温泉】について説明します。

【非火山性温泉】は地面の熱によって温められたもの

黒い色が特徴のモール泉

【非火山性温泉】は、黒い色をした【モール泉】という温泉で知られています。

この【モール泉】は、地面の中に堆積した木の葉や木が、何万年という長い年月をかけて熟成されて湧き出したものです。

地面は100m掘るごとに約3℃上がるとされています。

つまり、単純計算で900m掘った場合、27℃になりますので温泉の定義である25℃以上をクリアします。

さらに地面の中の成分が温泉の基準値を満たしていれば、25℃以下でも温泉と認められます。

【大分県】の大分市には、40℃を超える温泉が湧き出しています。
単純計算で1400mくらい掘っていることになりますね。


【非火山性温泉】に多く見られるのが、地下水を起源とした【深層地下水型】と海水を起源とした【化石海水型】です。

【深層地下水型】は、【モール泉】になることが多く、泉質は【ナトリウムー炭酸水素塩泉】です。

【化石海水型】は、海水を濃くしたような色が特徴で、【ナトリウムー塩化物泉】になることが多いです。

しかし、木が堆積した場所に海水が入ることもありますし、地面の中で混ざることもあります。

色が黒いのに【ナトリウムー塩化物泉】だったり、海水のような色をしているのに【ナトリウムー炭酸水素塩泉】ということもあります。

教科書通りにいかないのが温泉の魅力ですね。
炭酸泉じゃないのに、体に泡付きがあるモール泉などもありますね。(笑)

この前行ったあそことか。
あの場所の温泉もそうだった気がするな。
車だから入浴はできないけど…。

まさか!
運転席に染み込んだ温泉成分でわかったとか?

ちがうわ!
あなたが温泉の染み込んだタオルで、窓を拭くからでしょ!
錆びたら……いやいや温泉か……ちょっと嬉しいかも(笑)

【非火山性温泉】は長い年月が経っているものだけとは限らない!

地面の熱も大きな目で見れば、ある意味マグマなのですが。(笑)

【非火山性温泉】は、基本的に長い年月で熟成されたものが多いです。

しかし、地面の熱を雨水や地下水が通過することでできる温泉もあります。

マグマの熱を使っていませんので【非火山性温泉】です。

水分は地下水や雨水ですので、比較的新しいものが多いです。

人工的に温泉蒸気を地下水にあてて作る【造成泉】と言う温泉がありますが、こちらは【火山性温泉】です。
地面の地熱が出る割れ目あり、そこに水が通って温められますので、【割れ目系循環型温泉】と言います。
意外と少ないので、【非火山性温泉】は2種類だと思っている人も多いです。


私が知っている限りでは、【宮崎県】の【白鳥温泉】が【割れ目系循環型温泉】になります。

もっとも、【白鳥温泉】の場合は、【地獄】で岩が温められているようなものですので、天然の【造成泉】と言う感じになるような気もしますね。(笑)

【火山性温泉】も【非火山性温泉】も温泉だから気持ちが良い!

いかがでしたか。

【火山性温泉】と【非火山性温泉】については、結構専門的な内容ですので、なるべくわかりやすく書いたつもりですが、わからないものはわからないですよね。(笑)

そういう時には、温泉にでも行ってみましょう。

【火山性温泉】だろうが【非火山性温泉】だろうが、ごちゃごちゃ考える前に入浴してしまえば、それだけで気持ち良いです。

少なくとも、温泉に入浴する度に源泉が気になったり味見をし始めたら、専門家になりつつある危険信号ですので、気を付けてくださいね。

本記事を読んで、そうなんだ程度で覚えていただくのが、一番良いのかなとも思います。

いずれにせよ、ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます。

また次回の【温泉記事】でお会いしましょう。


<広告>

最新情報をチェックしよう!