大分県歴史探訪【熊野磨崖仏】(訪問1)遊歩道で待ち受けていたもの

受付を終えたら参拝スタート

元々福岡県出身のASUKAです。

温泉が好きで、大分県の別府市に移住してしまいました。

最近は新型コロナウイルスの影響で、外出が遠慮がちの傾向にあります。

そこで一人旅をしつつ、人がなかなか訪れない場所に行くことが増えました。

なにより、引きこもっていると外の空気が吸いたくなります。


ASUKAちゃん。
そんなに外の空気吸いたいの?

外というかなんというか(笑)
車中泊できるHさんですから、ある意味、部屋ごとどこかに行くのと変わらないですね。

私の場合、あちこち訪問するのは仕事の一環でもあります。

そして、ライターとして情報発信することも大切です。

何よりも【新型コロナウイルス】が収束するためにお祈りしに行くなら、必要最低限の外出だと認めてもらえるはずです。

そういう理由で、私が選んだのは大分県豊後高田市にある【熊野磨崖仏】でした。

なんの根拠もありませんが、石でできた神様にお祈りすれば、きっと【新型コロナウイルス】も逃げ出すはずです。

【熊野磨崖仏】がある大分県豊後高田市は、昭和の町としても知られています。

おんせん県内ですから、豊後高田市近隣には温泉もあります。

参拝して気持ちをサッパリとさせ、温泉にでも行こうかなと考えたというのはここだけの話です(笑)

実はそっちの方がメインだったんじゃないの?(笑)

ギクッ!
いくら私が温泉人でも、それはない…………と言い切れないところが何とも言えません。

温泉については、またの機会に訪問レポートを書きたいと思います。

本記事は【熊野磨崖仏】の体験レポートになります。

【熊野磨崖仏】を訪問したいという方の参考になれば幸いです。


【熊野磨崖仏】基本情報

駐車場は広くお店もある

【熊野磨崖仏】までは、大分県別府市内から車で1時間かかるか、かからないかといった距離です。

歩いていく人や、自転車やバイクで行く人もいるかもしれません。

周辺は、結構な山に囲まれていますので、虫や動物に気を付けてくださいね。

目次から【熊野磨崖仏】の地図の場所へ移動できます。

必要な際にはご利用ください。

周辺は見渡す限りの山!
・住所:〒879-0853 大分県豊後高田市田染平野2546-3
・お問合せ:0978-26-2070

・営業時間:
夏季(4月~10月)8:00~17:00
冬季(11月~3月)8:00~16:30

・拝観料
大人300円
小中学生150円
小学生以下無料

・駐車場:あり

・参考資料:熊野磨崖仏
※2020年8月訪問時の情報です。

本格的な山登り用の杖に似ている


案内チラシをいただいて、いざ行こうかとした時におばちゃんがヒトコト。

「そこに杖があるから持って行ってくださいね。」

受付で杖をお借りして試し歩きをしてみると。

「これって山登りで見かけたことがあるんですけど」

と言いたくなるようながっちりとしたものでした。

おばちゃんが言うには、後半はかなりの岩場のようになっていて、杖があった方が安全なのだそうです。

いや、300円払ってのんびり参拝する雰囲気じゃなさそうなんですが(笑)

●【熊野摩崖仏】地図

登りながら見た周辺の景色はまさに山の中! ちゃんと参拝できるの?

歩き始めは遊歩道という感じ

【熊野磨崖仏】の看板を過ぎて、遊歩道らしき道を歩いていきます。

周辺は木々が生い茂っていて、既に森の中に入ったという雰囲気が漂います。

ゴツゴツした岩の間には水が流れており、アニメ映画で見たことある妖精的なものが出てきそうでした。

200mの遊歩道は近いのか遠いのか

【熊野磨崖仏】の参拝ルートは、「現在どのあたりにいるのか」という標識が立てられていました。

この日は、周辺に誰もいませんでした。

さすがに、女子一人で山の中は怖いものがありました。

しかし、勇気を持って進むことにしました。

本当に怖かったのかな?
いつも運転もオラオラ系な気がするけど(笑)

あの…………Hさん!

し、失礼しました!

階段と普通の道がある

正直な話、最初だけは少し怖い気がしました。

以前、私がまだ福岡に住んでいた頃、篠栗という場所に88ヶ所の霊場がありました。

【熊野磨崖仏】訪問で、そこを巡った時のことを思い出しました。

あの時に比べたら、ただのきれいな道だなと考えましたので、気分も楽になってきました。

休憩所があるのは親切


「200mってまだですか」と言いたくなるくらい、結構疲れ始めていました。

そんな時に休憩できる場所があるのは嬉しいですね。

ここで一息つくことにしました。

参拝後に温泉行って汗を流したい
そのためにさらなる上を目指して歩き続ける!

案内板もある

一息ついた後、さらなる上を目指して歩き続けます。

この時点で、かなり汗だくになっていました。

最初からずっと上り坂ですから、それは汗もかきますよね(笑)

目の前に現れた鳥居の先に見える道

大分県の国東地方は、【神仏習合】の地で、仏様のお寺と神様の神社が同じ土地にあることで有名です。

そして、豊後高田は昭和の町としても知られています。

1度、昭和の町に行ったことあります。

本当に夕日が似合いそうな、懐かしい雰囲気がします。

その豊後高田市にあるのが、【熊野磨崖仏】です。

穏やかなイメージがある町ですよね。

いや、百歩譲って、神社があるのは【神仏習合】なのはわかりました。

しかしです。

なんですか!あの鳥居の向こうにある石だらけの道は!


思わず叫びたくなるような道を見つけた私です。

無事、【熊野磨崖仏】に参拝できたのでしょうか。

それとも途中でリタイアしてしまったのでしょうか?

【熊野磨崖仏】の坂道の先にあったもの 
次回記事で明らかに


いかがでしたか。

連続記事の1回目「大分県歴史探訪【熊野磨崖仏】(訪問1)遊歩道で待ち受けていたもの」でした。

詳細は次回に続きます。

私は無事に【熊野磨崖仏】に会えたのでしょうか。

本記事は、体験エピソードを元にしています。

実際に山道を歩いているような気分で読んでいただけたら幸いです。

もちろん、一気に読んでいただいても大丈夫です。

読み方は、皆様のお好きなようにお願い致します。


<スポンサーリンク>

高解像度の写真素材なら【写真AC】

ブログランキング参加中でごわす!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村
最新情報をチェックしよう!