大分県竹田市【白水ダム】の場所はどこ? 妖艶な姿は一見の価値ありの美しさ

思わずため息が出る美しさです。

大分県内の別府市の在住のASUKAです。

最近では大分県内だけではなく、九州内の県をHさんに乗って訪問することも多いです。

そんな私が、平均して毎週1回ほど訪問しているのが【竹田湧水群】です。

ある週に【竹田湧水群】でお気に入りの湧水を汲んだ後、ふと【白水ダム】のことを思い出しました。

実は以前、訪問しようと思ったことがあったのですが、工事中のため立ち入り禁止でした。

1か月以上経過していましたので、もう工事は終わってるかなと思い、Hさんに連れて行ってもらうことにしました。

あそこは結構な山道だったよね。
また行くの?
プンプン!

まあ…。
【白水ダム】はすごくきれいだという話ですので、1度見てみたいじゃないですか。

ハスラーさんをなだめつつ、【白水ダム】へ向かいました。

本記事は、【白水ダム】を訪問した際の体験レポートです。

実際に訪問してみたいと考えている方の参考になれば幸いです。

【白水ダム】基本情報

駐車場には【白水ダム】について書かれた看板があります。

【白水ダム】の体験レポートを紹介する前に、基本情報について書きます。

結構な坂道や山道を通ります。

河川増水などの危険もありますので、雨の日には近づかないようにしましょう。

また、山道ですので虫などもいます。

虫よけスプレーを持っていくか、虫が少ない時期に行かれることをおすすめします。

・住所:〒878-0571 大分県竹田市 次倉9792
・営業時間:24時間
・入場料:無料

※【白水ダム】を見れるスポットは2ヶ所あります。
本記事は、歩くルートが長い方です。
歩きに自信がない方は、もう1つの方から訪問してくださいね。
2020年8月訪問時の情報です。
パッと見わかりづらい入口看板です。

【白水ダム】Googleマップ

まるで絹のような流れの【白水ダム】!
訪問時に妖艶な姿を撮影

きれいな1枚の絹織物のようにも見えます。

【白水ダム】の流れは、まるで1枚の絹織物を広げたような、妖艶な雰囲気が漂います。

【白水ダム】は、その流れの妖艶さから日本一美しいダムとも呼ばれています。

【白水ダム】に水を注ぐ大野川の一部です。

【白水ダム】に流れている水は、【白水ため池】という場所から来ています。

この【白水ため池】は、大野川の一部です。

大野川は大分市内にも流れており、海沿いの場所は釣りスポットとしても知られています。

ため池と【白水ダム】の境界線

【白水ダム】を見ることができる場所は2ヶ所あり、私が訪問したのは15分ほど山道を歩くコースです。

こちらは道中が結構大変ですが、【白水ダム】を上から眺めることができます。

もう1ヶ所は、下から見る【白水ダム】の光景になります。

どちらもきれいな流れを見ることができます。

もう1ヶ所は行けてないので、また機会があれば訪問してみたいと思います。
でも、ため池の水がきれいな流れになる境界線は、上からしか見えません。

【白水ダム】の正式名称は【白水溜池堰堤水利施設】です。

Google検索をする際は、【白水ダム】で出てきます。

正式名称長いから、【白水ダム】でヒットするのはありがたいね(笑)

【白水ダム】への道のりレポート!
行きよりも帰りが大変

駐車場に到着です。

カーナビを頼りに、山道をHさんに乗って走りました。

駐車場の看板がわかりにくく、1度通り過ぎてUターンしてしまいまいました。

入口はわかりづらいですが、駐車場はきれいです。

そしてまた、ASUKAちゃんが楽しく歩いて【白水ダム】を見に行くのに、駐車場でお留守番。

駐車場にあった説明看板

結論から言いますと、行きは下り坂でしたので楽でした。

帰りはその坂を登りましたので、結構大変でした。

気楽に行けると思っていましたので、ウォーキング用サンダルで行きました。

滝を見るときには、きちんとした靴を履きましょう!

<広告>

最初の目印の小屋です。

駐車場から、小さな小屋に沿って下ります。

一瞬、この道ではないかもと思う道が正解です。

とにかく下へ向かいます。

ビニルハウスがありました。

畑の横にある道を下っていきます。

今の時期、どんな野菜を育てているのでしょうか。

この日は天気も良かったので、散歩がてらのんびりと坂道を下っていきました。

最初は「のどかだな」と感じる下り坂です。

これくらいで15分なら、全然大丈夫でしょう。

畑の横道を抜けると、遊歩道のような道になりました。



この辺りまでは、この道で大丈夫だろうと思っていました。

遊歩道的な道です。

さらに進むと、道が少し広くなったのは良いですが、車が何台か通り過ぎていきました。

「車での立ち入りは禁止」

と書かれていたので歩いているのですが。

車が通ったことで、道が間違っているのではないかという不安が出てきました。

周囲もいつの間にか岩場が増えました。

周辺は、どんどん山道らしくなってきます。

しかし、川が流れている場所もありましたので、信じて進むことにしました。

こんなの夜には絶対歩けない。
正直、不安でした。

森になりました。

気が付けば、森の中に迷い込んだ人になってしまいました。

一本道だというのが救いですが、そもそもの入口を間違えたかもとも思いました。

まさか断層では?

周囲に岩が多かったので、ついつい温泉がらみのことを考えてしまいます。

こうなると、本格的に職業病ですね。

あの…。
さっきまで怖がってなかった?

上から【白水ダム】を見れる場所

しばらく歩いていると、突然目の前に【白水ダム】が現れました。

その姿は、妖艶で言葉を失いました。

先ほど通った車が、前の方で停まっていました。

いや。
車で来れるなら、Hさんも連れてきたかったな。

水が流れているとは思えないくらいきれいです。

しばらく【白水ダム】の眺めを堪能し、再び山道と坂道を登っていきました。

途中で、歩きながら降りてくる人もいました。

やっぱり、歩きが正解ですよね。

帰りも周辺の景色を眺めながら、いつの間にか駐車場へ戻ってきていました。

Hさんに乗り込むと、やっぱりホッとしました。

お疲れさまでした。

日本一美しい【白水ダム】
山道や坂道は大変だが行く価値はある!

いかがでしたか。

【白水ダム】を訪問した体験レポートについて書かせていただきました。

大分県の竹田市というと、【長湯温泉】や【竹田湧水群】が有名で、【白水ダム】には行かないという人もいます。

しかし、あの【白水ダム】の素晴らしい流れは一見の価値ありです。

 

特に貯水湖とダムの境目は、幻想的な光景です。

私のように歩くのが苦にならない人は、山道を15分歩いてみても良いかもしれませんよ。

参考にしていただけたら幸いです。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<広告>

最新情報をチェックしよう!