大分県【原尻の滝】を訪問! 川の中の鳥居に続く神社とは?

【原尻の滝】を再び訪問しました。

大分県内の別府市在住の私が、お気に入りの観光スポットがあります。

それは【原尻の滝】です。

詳しくは下記の通りです。

2回も記事に書いて、さすがにもう【原尻の滝】ではネタが出ないでしょ?

それがですね。
この写真を見てください。

川の中に鳥居がある!

この写真、【原尻の滝】前編の記事で使いましたが、どう見ても鳥居ですよね。

もしかして、近くに神社があるの?


そう思った私は、周辺をさらに散策することにしました。

一応、【原尻の滝】後編が周辺散策でしたが、それ以上に範囲を広げたということです。

その前に、少しだけ【原尻の滝】の基本情報です。

訪問する際の参考にしてくださいね。

●【原尻の滝】基本情報

・住所:〒879-6631 大分県豊後大野市緒方町原尻936-1

・TEL:0974-42-4140

●【原尻の滝】地図

最初に【原尻の滝】を散策!
写真の片隅に鳥居が見える

以前より、少し水量が少ない気がします。時期的なものでしょうか。

本記事は【原尻の滝】の周辺散策レポートです。

しかし、いきなり周辺散策のみを書いたら【原尻の滝】の雰囲気がありませんよね。

最初に【原尻の滝】の散策レポートを書かせていただきます。

こちらもやや水量が少ないような。

この写真を撮影した際、2度ほど【原尻の滝】を訪問しました。

私1人が1度と、温泉仲間数人で訪問したのが1度です。

しかし、【原尻の滝】前編・後編の頃に比べて、水量が少ないように感じました。

ちょうど、田植えの時期でしたので「田んぼに水が行ってるのかも」なんて話をしました。

実際の所どうなのかは不明です。

それでも滝の近くに行くのは迫力があります。

【原尻の滝】は、かなり滝の近くまで行くことができます。

岩の上から流れる滝を眺めたりすることも可能ですが、足元には十分注意しなければいけません。

落ちたら本当に大変ですよ。

火山が起源で、水もどことなくモール泉的な色が!
触ってみたいけれど流れは急だし…。
なんやかんやで、足元と流れに注意して、かなり近くまで行くことはできます。
高所恐怖症なので怖かったですが(笑)

高所恐怖症なのに、高台に行くこと多いよね。

【原尻の滝】に続く川中にあった鳥居!
【二ノ宮八幡社】へと続く

道路に大きな鳥居がありました。

【原尻の滝】に続く川中にあった鳥居と別に、道路にも鳥居がありました。

この鳥居の先に【二ノ宮八幡社】があるとのことですので、行ってみることにしました。

周辺は本当にのどかな田畑が広がります。

【原尻の滝】周辺には、のどかな田畑が広がっています。

あれだけ迫力のある【原尻の滝】が、すぐ近くにあるとは思えません。

【二ノ宮八幡社】です。

【二ノ宮八幡社】年季の入った鳥居とアーチ型の石橋です。

これだけ年季の入っているアーチの石橋は、大分県内でも珍しいとのことです。

【二ノ宮八幡社】の拝殿への階段を登ります。

【二ノ宮八幡社】拝殿への階段が続いていました。

最近は六郷満山で階段になれていますので、これくらいであれば大丈夫です。(笑)

記念碑自体が記念になりそうですね。

少し赤茶色になった石の記念碑です。

赤茶色ということは鉄分が豊富という事かな?
もしかすると、この辺は温泉があったのかな。

【原尻の滝】は、温泉と言うより阿蘇山の噴火でできたものらしいです。
ただ、記念碑はさすがにその頃に作ったわけではなさそうですので、塗装の可能性が高いです

もう一息で拝殿です。ファイト!

拝殿が見えてきましたが、また階段がありました。

もう一息頑張って登るとします。

でも、こうして見ると、森の中の階段と並んだ灯籠という感じできれいですね。

拝殿に着きました。年季が入っています。

【二ノ宮八幡社】の拝殿は、意外と大きかったですので、カメラのフレームに収まりませんでした。

唐破風造りの屋根をメインに撮影してみました。

【二ノ宮八幡社】は緒方三社の1つです。

【二ノ宮八幡社】は、15代天皇の応神天皇が祀られています。

鎌倉時代に緒方惟栄が建立したとされており、緒方三社の1つです。

ということは、あと2つあるということですね。

そう思いながら、何気なく周辺を見ると看板がありました。

【一ノ宮八幡社】はイノシシが出る?
横切る黒い影

徒歩3分なら近いですね。

【二ノ宮八幡社】の拝殿の周辺をぶらぶらとしていたら、看板を見つけました。

【一ノ宮八幡社】に続いているとのことです。

3分ぐらいならと、私は登ってみることにしました。

遊歩道的で良さそうです。

遊歩道を歩くのは大好きなので、ちょっと坂道みたいでしたが登ることにしました。

まさかこの後、あんな恐怖に見舞われるとは、この時の私は気づいていませんでした。

少し進むと柵がありました。通って良いの?

坂道がだんだんと森の中みたいになってきた時、通行止めのような柵がありました。

近づいてみると、入っても良いと書かれていました。

でも、「イノシシ除けってことはそういうことなのね」程度で考えていました。

いや。柵がありすぎて怖いですって。

実は私は【原尻の滝】に3度訪問しています。

そのうち2回は1人で来ました。

2回目の訪問時に【一ノ宮八幡社】への道を見つけたのですが、柵を超えた辺りで目の前を黒い影が横切りました。

どう考えてもイノシシです。

こっちに突進してこられたら、ひとたまりもありません。

刺激しないように、私はこっそりと逃げ帰りました。

次に来た時は3人でしたので、安心して登ることができました。

温泉仲間に感謝です。

年季の入った鳥居がありました。

森の中の道を通れば、【一ノ宮八幡社】に到着しますが、別ルートもあったようです。

緒方三社はあと1社あるので、また機会を見つけて行ってみたいです。

【二ノ宮八幡社】のような階段はなさそうです。

【一ノ宮八幡社】は、仲哀天皇が祀られています。

14代の天皇ですから、応神天皇のお父さんです。

狛犬さんが愛嬌あるように見えます。

この狛犬は、愛嬌があるように見えませんか?

狛犬も「阿」と「吽」があります。

こちらは「吽」ですね。

「阿」というよりは「あ~」という感じですね。

こちらの狛犬は「阿」ですね。

狛犬も神社によっていろいろな表情を見せてくれます。

金ぴかの犬?

ピカピカに光る犬の銅像がありました。

奉納と書かれていますので、どなたかが寄付したのだと思われます。

こちらも唐破風造りでした。

【一ノ宮八幡社】は、屋根瓦が新しかったです。

つい最近、補修でもしたのでしょうか。

こうやって、古い史跡を守るというのは良いですね。

そう言えば神社は拝殿の奥が本殿ですよね。

いろいろな神社を見てきましたが、拝殿の奥には本殿がありますね。

【一ノ宮八幡社】と【二ノ宮八幡社】は、天皇を祀っていますので神という事ですね。

大分県内の場合、神仏習合で神社に仏様を祀っていることもあります。

ちなみに【三ノ宮八幡社】は、仲哀天皇の妻で応神天皇のお母さんでもある神功皇后が祀られています。

来た道を確認します。

改めて登ってきた道を見ると森の中ですね。

帰りは下りでしたので楽でしたが、足元には十分注意しましょう。

神社巡りから【原尻の滝】へ

【二ノ宮八幡社】と【一ノ宮八幡社】を巡り終え、再び【原尻の滝】へ戻ってきました。

歴史的な場所から躍動感のある滝に戻ってくるのは、なんとなく不思議です。

やはり火山性の石が多いですね。

【原尻の滝】の駐車場へと、ぶらぶらと歩きます。

この日は天気が良かったので、歩くと清々しい気分になりました。

不動明王様です。今にも動き出しそうです。

石の不動明王様が、見守っていてくれていました。

頭の上のぐるぐるがあるせいか、今にも動き出しそうに思えるのは私だけでしょうか。

火山の噴火が作った石なのですね。

【原尻の滝】の敷地内には、火山の噴火でできた石が置かれた場所もあります。

ここは大分県ですが、噴火した火山は阿蘇山です。

県境が近いと言われてしまえばそれまでですが、阿蘇山はカルデラになる前はかなり巨大な火山でした。

地質調査によると、阿蘇山は富士山よりも大きかったそうです。

もし現在まで残っていたら、日本一の山は熊本県の阿蘇山だったのかもしれませんね。

こちらも噴火でできた石です。

火山と温泉は切っても切れない関係にあります。

この石と同じものがまだ地下に埋もれていて、温泉の泉質を決めているかもしれないと思うとワクワクしてきます。

今度来た時は水量が戻っていると良いです。

温泉について想像するワクワクと、神社を参拝して清々しい気持ちになり【原尻の滝】を後にしたのでした。

大好きな【原尻の滝】ですから、また来ますね。

【原尻の滝】の周辺には歴史的なスポットも!

いかがでしたか。

【原尻の滝】と【二ノ宮八幡社】【一ノ宮八幡社】の訪問レポートについて書かせていただきました。

大分県の旅行を検討している人はもちろん、大分県内に住んでいる方も、気が向いたら【原尻の滝】を訪問してみませんか。

【原尻の滝】の道の駅では食事や情報収集もできます。

なによりも周辺には、歴史的スポットや火山に関するジオパークなんてものまであります。

特に暑い時期には、勢いよく流れる滝に涼を求めてみるのも良いのではないでしょうか。

本記事をここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

実は、大分県内でおすすめの滝が3つあります。

興味のある方は、下記のリンクから読んでみてくださいね。

<広告>

最新情報をチェックしよう!