注目キーワード
  1. 温泉
  2. 旅行記録
  3. 車中泊
  4. 商品紹介
ASUKA発信局にアクセスいただき、本当にありがとうございます。たまたま偶然来てしまった方も、ありがとうございます。お好きなカテゴリーから気になった記事を読んでいただけたら嬉しいです。

車中泊の初心者必見!連泊してわかった3つのこと

車中泊に向いている車であることも重要

基本的にどこでも仕事ができる、自由なフリーライターのASUKAです。

最近、ようやく車中泊で九州各県を訪問することができました。

4泊5日すべての日程を、車中泊で過ごしました。

今までは、1泊2日や2泊3日が多かったですが、これからは予定次第で5泊や6泊も検討しようと考えています。

ほぼ1週間近く車中泊をしてみて、いままでと違った部分も見えてきました。

そこで本記事では、車中泊を連泊してわかったことを3つまとめました。


これから車中泊をやってみたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

もちろん、既に車中泊マスターだという方は、そんな時期もあったわと生温かい目で見ていただけたら幸いです。

そういえば、最近はキャンピングカーもよく見かけます。
広くて快適なんだろうな。

いえいえ。
Hさんもキャンピングカーに負けないくらい快適ですよ。

車中泊初心者が連泊してわかったことその1
休憩時間は多めに取る

自由だからこそ休憩が大事

車中泊初心者が連泊してわかったことの1つ目は、休憩時間を多めに取るということです。

基本的に車中泊をする場合、ほぼ車の中にいます。

もちろん、気になった観光スポットがあれば行きますし、温泉施設があればゆったりと楽しみます。

お腹がすけばご飯を食べますし、甘いご当地スイーツなども大好きです。

ガソリンが少なくなったら給油しますが、これもある意味休憩ですね。

このように運転と休憩時間の区別をすることで、安全運転をすることもできます。

また、観光スポットによっては、少し歩かなければいけない場所もあります。

ちょっとした運動になり、眠気も取れますのでおすすめです。

ただし、長い距離を歩いたり、階段が続く耐力勝負の観光スポットだと、逆に疲れてしまいます。

自分の体力に合わせて検討しましょう。

そういえば、ASUKAちゃんが行く観光スポット。
意外とハードなとこ多くない?

それがですね。
思いっきり汗をかいた後の温泉が、かなり気持ち良いことに気づきました。

ASUKAちゃんは、温泉エネルギーで動いてるからね(笑)

<広告>

茜丸本舗 どら焼き

車中泊初心者が連泊してわかったことその2
寝具が気になる時は徹底的に改善

夜眠れないと翌日が辛い

車中泊初心者が連泊してわかったことの2つ目は、夜眠る時に使用する寝具の重要性です。

実は車中泊の練習を始めた当初、寝具はあまり重用視していませんでした。

むしろマットなどを置かず、助手席を倒して眠れば十分と思っていました。

しかし、足をしっかり伸ばせずに寝ることになるので、翌日に足が痛いということもありました。

この時は道の駅で車中泊ではなく、自宅の駐車場で練習していましたので足が痛くても家に帰れますが、遠征ではそうはいきません。

練習していた当時は、こたつ布団と座布団をマットにしていました。

これではいけないと、空気式のマットを購入しました。

車中泊用のマットを購入後、いろいろな枕や座布団と組み合わせ、現在では快適な寝心地になっています。

おかげで、連泊中も十分すぎるくらいの睡眠をとることができました。

今でも十分ですが、安全運転につなげるためにも、さらなる快適性を求めて寝具を進化させていきます。

車中泊初心者が連泊してわかったことその3
ゴミは捨てられる時に捨てる

道の駅やコンビニではゴミ捨て禁止の場所もある

車中泊初心者が連泊してわかったことの3つ目は、ゴミを捨てられる時に捨てるということです。

車で移動していると、基本的に外食です。

それでも、ある程度の栄養バランスは考えて食べるようにしています。

しかし場所によっては、食事ができる場所がないこともあります。

万が一に備えて、お弁当を購入することもあります。

お弁当は良いのですが、食べ終えた後にはゴミが出ます。

最近ではレジ袋が有料になっていますが、食べ終えた後のゴミを入れるのにちょうど良いため、私はもらうようにしています。

それ以外にも、粉ジュースを飲みますしお菓子の空き箱などもあります。

気が付くと、レジ袋が満タンということも珍しくありません。

ゴミ捨てのおすすめは、ガソリンスタンドです。
セルフの場合は、忘れてしまうこともありますが、スタッフがいる場合には聞かれることもあります。

基本的に、ゴミが出ないようにする工夫も大切ですね。
道の駅によっては、ドライバーさん用にゴミ箱が設置されている場所があります。
そういう場所は、また来る時のためチェックしておくと良いですよ。

残る課題は洗濯物!
捨てるわけにもいかない

いかがでしたか。

車中泊初心者が、連泊してわかったことを3つ紹介しました。

残る課題は洗濯物です。

暑い時期は着替える回数が増え、寒い時期でも最低1日に1回は着替えます。

気が付けば、洗濯物がかなりの量になっているということも珍しくありません。

コインランドリーで洗濯すれば良いのですが、洗濯と感想で最低でも1時間はかかります。

せっかくの遠征で、洗濯物のために時間を取られるのも嫌なので、仕方なくためたままにしていました。

次回以降の遠征で、何か良い方法がないか考えます。

また記事にして、皆様にお伝えできたらと思います。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<広告>

最新情報をチェックしよう!