注目キーワード
  1. 温泉
  2. 旅行記録
  3. 車中泊
  4. 商品紹介
ASUKA発信局にアクセスいただき、本当にありがとうございます。たまたま偶然来てしまった方も、ありがとうございます。お好きなカテゴリーから気になった記事を読んでいただけたら嬉しいです。

干潮時間の【荒平天神】を偶然訪問! 鹿児島県にあるパワースポット

県道68号線を通っていると砂浜に現れる鳥居

最近、週に1度は大分県外へ遠征に行っている気がするASUKAです。

毎日、常にどこかに行っている気がするのは気のせい?


車移動の楽しみは、好きな場所で停車することができることです。

お腹がすいたら、道の駅に寄るのも良いです。

サッパリしたい時は、温泉に行くのも悪くありません。

休憩も兼ねて、道の駅で車中泊なんて最高ですよね。

あとは、四季折々の滝巡りなども面白いです。

そんなこんなで、いろいろな場所を訪問している私です。

本記事は、鹿児島県を訪問した際に偶然砂浜に鳥居があるのに気づき、訪問した【荒平天神】について書かせていただきます。

満潮時の【荒平天神】は、かなり幻想的らしいのですが、私が訪問したのは干潮時です。
干潮時じゃないと、参拝が難しいこともあるみたいですので、逆に良かったのかもしれませんね。

実際に【荒平天神】を訪問している気分で読んでいただいても良いですし、旅行先の候補にするキッカケになれば嬉しいです。

【荒平天神】基本情報

駐車場完備!トイレもあり

最初に【荒平天神】の基本情報について紹介します。

駐車場は、県道68号線を挟んだ場所にあります。

横断歩道がありますが、渡る際は車に十分注意してくださいね。

また、潮の満ち引きが影響しますので、参拝したのは良いけれど海が満ちて帰れなくなったということがないように気を付けましょう。

・住所:〒891-2313 鹿児島県鹿屋市天神町4014
・お問い合わせ:0994-31-1121(鹿屋市ふるさとPR課)
・参拝時間:基本的に干潮時(満潮時は注意が必要)
・参拝料:お賽銭
・駐車場:あり
・公式サイト:鹿児島県ホームページ【荒平天神】
2020年10月現在の情報です。

映画の舞台になった場所

【荒平天神】の祭神は、菅原道真公です。

正式名称は【菅原神社】で、【荒平天神】は通称です。

菅原道真公と言えば、福岡県にある【大宰府天満宮】に祀られていることでも有名ですね。

【荒神天神】も学問の神様として、進学や合格祈願で訪れる人が多いです。

私もライターとして、これからも頑張れますようにと祈願しました。

ご利益があると良いね。

【荒平天神】Googleマップ

干潮時間の【荒平天神】参拝レポート

かなり急な階段

本章では【荒平天神】の参拝レポートについて、実際のルートとともに書かせていただきます。

駐車場から県道68号線を渡った先には、鳥居がある砂浜です。

歩いていると、靴に砂が入ることがあります。

参道のすぐ横は海です。

入ってみたい衝動にかられましたが、神聖な場所です。

参拝を優先することにしました。

砂浜からはきれいな岩場なども見え、神々しい雰囲気が漂います。

砂浜を過ぎれば、階段があります。

かなり急な階段ですので、足元に注意が必要です。

ウォーキングサンダルで行ったので、かなり大変でした。
足が砂まみれになりました。

それで戻ってきた時、足が砂だらけだったんやね。

階段は途中で崩れておりロープで登る

急な階段の後は、一瞬行き止まりかと思う場所に出ました。

ロープがありましたので、すぐに状況は把握できました。

以前は階段があったようですが、崩れておりロープを伝って登らなければいけないようです。

参拝前に手を清める

さすがにロープで登っている最中は、写真の撮影はできませんでした。

無事登り切り、牛から流れる手水で手を清めます。

そういえば、【大宰府天満宮】も牛の置物があったような。

牛の置物はご利益があるらしいですから、それっぽい部分は触り過ぎてピカピカになっているんですよね。

拝殿の祭神は菅原道真公

手水の近くに、きれいでこじんまりとした拝殿がありました。

お賽銭を入れてお祈りします。

登り切ってわかりましたが、拝殿がある敷地は結構狭めです。

1度にできる参拝は、2~3人といったところです。

人が多い時には、ロープ下で待っていた方が良いかもしれません。

<広告>

【荒神天神】参拝の際に気を付けること

帰り道も注意が必要

【荒平天神】の参拝の際、気を付けなければいけないのは潮の満ち引きです。

あとはロープを使って登る場所がありますので、歩きやすい靴と服装がおすすめです。

登って後、どうやって降りようかと迷うくらい急な場所になっています。

手すりとロープを使って、なんとか降りることができました。

高所恐怖症なのに、いつもご苦労さん。

カメラを覗いている時は平気ですが、撮影終えてカメラをしまうと急に怖くなります(笑)

階段のすぐ近くにある建物

階段の側に木の建物がありました。

集会場か何かでしょうか。

看板としめ縄がありましたが、参拝と関係なさそうでしたのでスルーしました。

帰り際の鳥居

帰りがけに、拝殿側の階段から鳥居を眺めてみました。

本当に砂浜の中にあり、満潮時には海の中になるのだなと思いました。

後で調べてみると、訪問した時は満潮時刻の1時間前くらいでした。

もう少しのんびりしていたら、戻れなくなるところでしたが、満潮の光景を見てから移動しても良かったなと思いました。

次回訪問の時には、潮の流れを把握しておかなければいけませんね。

鹿児島県のパワースポット【荒平天神】
ぶらりで立ち寄るにはもったいない

いかがでしたか。

鹿児島県のパワースポット【荒平天神】について書かせていただきました。

本記事の訪問の際は、本当に偶然見つけて立ち寄りました。

そのため、【荒平天神】がパワースポットであることはもちろん、菅原道真公が祀られていることすら知りませんでした。

菅原道真公が祭神と知ったのは、案内の看板を見てからです。

それでも、まさかあそこまで急な崖を登るとは思いませんでした。

何も知らずにあちらこちらを訪問するのも楽しいですが、ある程度の下調べをした方が、もっと楽しめるかもしれませんね。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<広告>

最新情報をチェックしよう!