【大分県臼杵石仏訪問その3】【日吉神社】と優しい顔の【山王山石仏】

【臼杵石仏】訪問記事第3回

本記事は【大分県】臼杵市にある【臼杵石仏】を約30年ぶりに訪問した際の体験レポートの3回目です。

実際に訪問している気分で読んでいただけたら幸いです。

【臼杵石仏】の敷地内にあったきれいな花畑です。

前回・前々回と【臼杵石仏】について紹介をしています。

本記事を初めて読んだという人のために【臼杵石仏】の基本情報とアクセスをご紹介させていただきます。

【臼杵石仏】に訪問したいと考えている方の参考になれば幸いです。

■【臼杵石仏】基本情報

・拝観料
大人(高校生以上) 550円 
小人(小中学生)    270円

・住所:
〒875-0064 大分県臼杵市大字深田804-1

・連絡先:
臼杵石仏事務所 0972-65-3300 (電話受付時間 8:30~17:00 年中無休)
臼杵市おもてなし観光課 0972-64-6080
臼杵市観光情報協会 0972-64-7130

・営業時間:
4月から9月までの間  朝 6:00 ~ 夜 7:00 まで
10月から3月までの間 朝 6:00 ~ 夜 6:00 まで

■【臼杵石仏】アクセス
〇乗車バス停:【臼杵駅】
【大分県庁前】行または【三重】行に乗り【臼杵石仏】で下車
〇乗車バス停:大分駅前4【臼杵駅】行または【臼杵港】行に乗り【臼杵石仏】で下車
参考URL:https://sekibutsu.com/access
※2020年8月現在の情報です。

■【臼杵石仏】Googleマップ

<広告>

【臼杵石仏】の順路外の【日吉神社】を訪問!
森の坂道の先にあった静かな神社

写真にはありませんが「石仏はありません」という看板もありました。

【臼杵石仏】の順路ではありませんでしたが、神社があるとのことで行ってみることにしました。

駐車場で待っている間に、そんな面白そうな所歩いてたんだ(笑)

Hさんも長距離走るの大好きですよね!
いつもありがとうございます。

可愛いとよく言われますが、リッター24km以上は伊達じゃありません(笑)

滑り止め付き坂道?

この日はきちんとした靴でしたので、非常に歩きやすかったです。

時期的にムートンブーツは終わりです。

運転と歩きやすさを重視した靴にしました。

歩いた後は、温泉でしょう。
臼杵にも温泉がありますね。

臼杵市の温泉は、温度が低い鉱泉が多かったですね。
飲泉できるものがありました。

坂道の森と言う感じですね。

手すりと滑り止めのおかげで、登りやすかったです。

それでも、結構急な坂道でした。

一気には無理でしたので、小休止を挟みながら登っていきます。

見えてきましたね。

坂道の先に建物が見えてきました。

あと少しです。

年季が入っていますね。あれ?もしかして。

神社の境内にある鳥居の側の看板に【五輪塔】の表示がありました。

そういえば【五輪塔】に行ったとき、道が2手に分かれていました。

あの時は来た方向に戻りましたが、もう1つの方から続いていたようですね。

神社らしさが漂います。

坂道を登ってきたので、まずはぶらぶらと境内を散策です。

こじんまりとした雰囲気の神社です。

こども相撲をするのでしょうか?

かつて相撲は、神様に奉納するために行われたという言い伝えがあります。

地域によってはこども相撲を行う神社があり、土俵が奉納されていることがあります。

この神社もそうなのでしょうか。

【日吉神社】の拝殿です。

【日吉神社】の拝殿です。

賽銭箱も年季が入っているように見えます。

しめ縄が神社らしくて良いですね。

【日吉神社】はどんな神様なのでしょうか。

【日吉神社】は、【滋賀県】にある【日吉大社】の分霊社です。

【天台宗比叡山延暦寺】の護法神でもあります。

お寺を守る神様というのもいらっしゃるのですね。

帰りは違うルートで。

行きが坂道でしたので、帰りは違うルートを通ってみることにしました。

年季の入った鳥居が素敵です。

かなりの山道ですね。

この道はどこに続いているのか少し不安になりましたが、行ってみることにしました。

【臼杵石仏】の敷地内ですから大丈夫でしょう。(笑)

本当、1人でよく行けるよね。

私は田舎育ちで慣れてるからね。
普通の女子は、こういう場所苦手と言う人も多いね。

【日吉神社】から【臼杵石仏】の順路へ!
眼下に見えたのは【ホキ石仏第一群】

でも、少し怖いかな(笑)

本当にこちらのルートは、森の中に迷い込んだのかと思ってしまう程でした。

しかし、天気が良かったので、気持ち良い森林浴ができました。

登山をしてるみたいでした。

なんやかんやで、いろいろな場所を訪問します。

坂道や山道はなれていますが、1人だと道に迷ったのかもと不安になることもあります。

こういう階段があるとホッとします。

しばらく歩いていると、普通の階段がありました。

【臼杵石仏】の順路に戻れそうです。

<広告>

それにしても急な階段ですね(笑)

階段の先に舗装された道路がありました。

森林浴も良いですが、無事に順路に戻れそうで安心しました。

石がたくさん乗っています。

そういえば、昔、神社の鳥居に石を投げて乗せることができたら、願い事が叶うという言い伝えがありました。

子供の頃に住んでいた北九州市にも神社がありましたので、よく鳥居に石を投げて乗せていました。

この辺りでも同じ風習があるのでしょうか。

この建物は見たことがあります。

眼下に建物が見えてきました。

どうやら、前記事で訪問した【ホキ石仏第一群】のようです。

改めて見ると、建物自体は新しいようですね。

約30年前はどうだったかしらと改めて記憶の糸を手繰ります。

全く思い出せません(笑)

こっちで良いのかな?

ひとまず【山王山石仏】が近くにあるようですので、行ってみることにしました。

案内板があるのは、本当にありがたいです。

【臼杵石仏】の順路に戻り【山王山石仏】へ!
道が舗装されているので歩きやすい

順路はどうなってるかな。

看板を確認しながら、【山王山石仏】へと向かいます。

「階段につきご注意ください」ですか。

いや、もう階段も坂道も慣れました。

ふふぇ~!

これは「ご注意ください」レベルの階段ではありませんね(笑)

どんな階段でも必ず一番上があります。

地道に登っていくとします。

階段から階段の先に!

長い階段を登りきると、もう1度急な階段を登ります。

【山王山石仏】があるのはそんな場所です。

【山王山石仏】は優しい表情です。

階段を登り切った先に、【山王山石仏】が優しい表情で座っていました。

横に座っている2体も、落ち着いた優しそうな表情です。

薬師如来様がいらっしゃるのですね。

薬師如来様は、私のような温泉人と無縁ではありません。

共同浴場という地域の皆様の温泉には、薬師如来地蔵が祀られています。

よく見ると薬壺を持っているのが特徴です。

温泉は人を癒すので、薬師如来様がいらっしゃると考えられているのですね。

こんな急な階段だったのね(笑)

【山王山石仏】を参拝した後は、いよいよ目的の【古園石仏】です。

修復された【古園石仏】と会うのは初めてです。

そう考えると、いままでの疲れも吹き飛びます。

いよいよご対面の時が近づいてきました。

あともう一息、ウォーキングを頑張ります。

ウォーキングの際には、水分補給やちょっとした飴などがあると良いですよ。

【臼杵石仏】の散策はまだ続く!
次こそ【古園石仏】に会えるか?

本記事で【臼杵石仏】訪問は3回目になります。

次回こそ【古園石仏】に対面できればと思っています。

お付き合いいただけたら幸いです。

本記事も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

実は次回記事は、こっそりと完成していますので下からリンクできます。


最新情報をチェックしよう!