注目キーワード
  1. 温泉
  2. 旅行記録
  3. 車中泊
  4. 商品紹介
ASUKA発信局にアクセスいただき、本当にありがとうございます。たまたま偶然来てしまった方も、ありがとうございます。お好きなカテゴリーから気になった記事を読んでいただけたら嬉しいです。

鹿児島県の名瀑【曾木の滝】! 車中泊翌朝に訪問

鹿児島県にある東洋のナイアガラ【曾木の滝】

基本的にパソコンさえあれば、どこでも仕事ができるASUKAです。

最近では、16GBの中古ノートパソコンを買おうか迷っています。

現在、使用しているノートパソコンは4GBでディスクトップは8GBです。

思い切って、Hさんにディスクトップを積み込もうかなんて考えています。

一応、これでも軽自動車なんですが…。

いやいや。
Hさんならいけますって!

でもそうすると、せっかく作ったパソコンディスクがもったいないですよね。

そういうわけで、私の車中泊は日々グレードアップしています。

気が付くと、週のうち半分以上を車中泊で過ごしていることもあります。

夜が明け周囲が明るくなった頃、朝日を浴びながら走るのは気持ちが良いです。

この日は熊本県で車中泊をし、大分県に帰るつもりが間違えて鹿児島県に来てしまいました。

何気なくナビで調べてみると、近くに【曾木の滝】があることがわかりました。

実は以前、鹿児島県に訪問した際、【曾木の滝】に行ってみたいと思いながら時間の都合で行きませんでした。

そこでこのチャンスとばかりに、行ってみることにしました。

本記事は、【曾木の滝】を訪問した体験レポートです。

実際に、【曾木の滝】を訪問している気分で読んでもらっても大丈夫です。

さらに、鹿児島県での訪問先として検討していただけたら嬉しいです。

【曾木の滝】基本情報

【曾木の滝】から鹿児島県と熊本県の県境も近い

最初に【曾木の滝】の基本情報について書かせていただきます。

目次からGoogleマップがある場所へ行けるようになっています。

地図を見たい時などにご利用ください。

早朝過ぎてまだ開店前
・住所:〒895-2526 鹿児島県伊佐市大口宮人628-41
・電話番号:0955-28-2600(曽木の滝観光案内所)
・営業時間:滝と公園内は24時間

ピクニックマルシェ(お食事・雑貨など)
11:00~19:00
TEL:0995-28-2525

野草庵 おばあちゃん家 (体に優しいお食事)
10:00~19:00
TEL:0995-28-2808

滝のや(ラーメン屋とお土産)
9:00~20:00
TEL:0995-28-2222

お食事 なりざわ(釜飯と鯉料理など)
レストラン 10:30〜19:00
売店 8:30〜18:00
TEL:0995-28-2345
FAX:0995-28-2775

花むしろ(お食事処)
11:00~19:00
TEL:0995-28-2525
FAX:0995-28-2113

※営業時間等は季節により変わります。
訪問の際は事前にご確認ください。

・公式サイト:伊佐市観光案内
2020年10月現在の情報です。

朝の静寂の中滝の音が!

【曾木の滝】Googleマップ

<広告>

【曾木の滝】を訪問!
霧に包まれた駐車場から滝へ

階段は下りです。

早朝ということもあり、【曾木の滝】がある公園は霧に包まれていました。

駐車場はかなり広く、24時間開いていますので、車中泊もできます。

階段を下りていきます。

駐車場から階段に来ると、滝のものと思われる轟音が聞こえます。

霧の中から聞こえてきましたので、かなり幻想的でした。

公園内の案内板

【曾木の滝】がある公園は、お食事ができるお店もありますが、散策スポットもいくつかあります。

縁結びの神社や、遊歩道も整備されています。

霧の中でもわかる大迫力

轟音の方向へ行くと、霧の中から【曾木の滝】の一部分が見えてきます。

全体像はかなり広く、霧が少ない場所を見つけては写真を撮ります。

まるで白い道のような光景

水の勢いが強すぎて、滝というよりは白い道に見える部分もありました。

残念ながら、展望台から眺めるだけで滝の近くには行けませんが、その迫力は離れていても感じます。

これぞ東洋のナイアガラ!

東洋のナイアガラと言えば、かなり近くまで行ける滝もありました。

こちらの東洋のナイアガラも凄いですが、【曾木の滝】の迫力は全く別物です。

東洋のナイアガラ龍虎対決と言ったところでしょうか。

岩場を流れる迫力がある川

【曾木の滝】は、本当にかなりの範囲に広がっています。

岩場もゴツゴツとしており、自然の力を感じさせてくれます。

水の絨毯のような場所

そこに行くと、綿のようにふわっと受け止めてくれるのではないかという雰囲気の場所もありました。

いや。
それ勢いが良すぎて、綿にに見えるだけだからね!

何かの物語に出てきそうな雰囲気

周辺が霧に包まれていたこともあり、幻想的な光景が広がっていました。

霧がやや薄くなると、そこに勢いのある滝が見える感じです。

雪が積もっているような光景

朝方は冷え込む時期ですので、見ようによっては雪が積もっているようにも思えてきます。

滝の轟音で現実に戻されます。

勢いは止まらない

滝巡りをしていると、滝の部分のみが勢いがあるということも多いです。

【曾木の滝】は、見える場所はずっと勢いよく流れています。

全体像を写真に撮れないのが残念です。

霧の中の名瀑

周辺の岩を見ていると、ついつい温泉と関連付けてしまいます。

実は【曾木の滝】の近くには、温泉施設があります。

残念ながら、朝早過ぎて開いていませんでした。

時間を忘れて眺める滝

自然の力は、時に自分が小さな存在であることを思い出させてくれます。

勢いのある【曾木の滝】を眺めていると、小さな悩みも吹き飛びました。

何か悩んでたの?

朝ごはん何食べようかなって。

本当に小さな悩みだね。

<広告>

【曾木の滝】を堪能した後は周辺散策!

帰りの階段を登る

毎度のことですが、【曾木の滝】の下調べは全くしていません。

後で調べてみたところ、レンタサイクルなどもあり、周辺サイクリングで【曾木の滝】の全体像を見れるスポットもあります。

公園内を散策

【曾木の滝】の迫力に圧倒されたこともあり、駐車場への帰り道がてらの散策になりました。

緑がいっぱいあり、朝のすがすがしい空気が心地良かったです。

水門ゲートの機械

昔使われていた、水門ゲートの一部です。

そういえば、水力発電の施設やかつての水力発電跡もあるとのことです。

次回訪問時に、行ってみなければいけませんね。

水門ゲートの説明

そういえば、以前訪問した滝にも水力発電跡がありました。

そこも豊後のナイアガラと呼ばれています。

霧に包まれた公園

早朝ということもあり、滝の爆音以外には人の声も聞こえてきませんでした。

もっとも、【曾木の滝】はかなりの爆音ですので、話しかけられても気づかないこともありそうです。

確かに、駐車場にも聞こえてきたような気がする。

本当に私も、あの音には驚きました。

【曾木の滝】は霧があっても大迫力!

いかがでしたか。

鹿児島県にある、【曾木の滝】について書かせていただきました。

訪問時【曾木の滝】の周辺は霧に包まれていましたが、逆に幻想的で良い体験ができました。

しかし、次回は霧のない時に行ってみたいと考えています。

また訪問体験レポートで、皆様にお伝えできればと考えています。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<広告>

最新情報をチェックしよう!