注目キーワード
  1. 温泉
  2. 旅行記録
  3. 車中泊
  4. 商品紹介
ASUKA発信局にアクセスいただき、本当にありがとうございます。たまたま偶然来てしまった方も、ありがとうございます。お好きなカテゴリーから気になった記事を読んでいただけたら嬉しいです。

福岡県原鶴温泉からも近い【香山昇龍大観音】!開運招福のパワースポット

開運招福の地として知られるパワースポット

人生の良い事と悪い事を考えてみると、どちらも同じくらいかなと感じることも多いASUKAです。

基本的に温泉巡りがメインで旅行することも多いのですが、観光スポットを訪問することもあります。

特に温泉地の近くにある観光スポットは、すぐに行けるのでセットにすることも多いです。

本記事で紹介させていただく【香山昇龍大観音】は、福岡県にある原鶴温泉からも近い観光スポットです。


原鶴温泉は、ASUKAちゃんのお気に入り日帰り温泉旅館がある場所だから、よく訪問してるよね。

そうなんですよ。
以前、記事で紹介したこともありますね。

原鶴温泉の記事の中で紹介した、【ビューホテル平成】から、さらに上に登った場所に【香山昇龍大観音】があります。

駐車場も広く、到着すると心地の良い音楽が周辺に流れています。

開運招福以前に、【癒し】の場所としても最適です。

本記事では、【香山昇龍大観音】を訪問した際の体験レポートを書かせていただきます。

実際に訪問している気分で読んでも良いですし、福岡県の旅行先の候補にしていただけたら嬉しいです。

【香山昇龍大観音】基本情報

巨大で優しい表情の【香山昇龍大観音】

最初に【香山昇龍大観音】の基本情報について書かせていただきます。

目次からGoogleマップに移動できるようになっていますので、地図が必要な時などにご利用ください。

・住所:〒838-1521 福岡県朝倉市杷木志波871-4
・お問合せ: 0946-63-3031
・参拝時間:9:00 ~17:00
・参拝料:お賽銭
・駐車場:あり
2020年11月現在の情報です。
【香山昇龍大観音】について書かれた石板

観光スポットの場合、参拝料などを入口で支払う場所も多いですが、【香山昇龍大観音】はロウソクと線香を購入する代金のみで参拝できます。

お賽銭と変わらない料金なので、基本情報では詳しく記載していません。

【香山昇龍大観音】Googleマップ

【香山昇龍大観音】を参拝!
開運招福しそうな雰囲気が漂う

【香山昇龍大観音】の正面入り口から中へ

【香山昇龍大観音】はかなり大きな像なので、原鶴温泉からもその姿を見ることができます。

駐車場も広く、ちょっとしたお土産物屋さんなどもあります。

入口は看板がありますので、わかりやすいです。

ロウソクから線香に火をつける

ロウソクと線香が、セットで販売されています。

それを購入し、所定の場所に立てます。

線香は時間が経つと観音様の絵が浮かびあがる

線香は太目で、燃えていくにしたがって観音様の姿が浮かびます。

昔、おばあちゃんの家で使っていた線香なので、懐かしい気がしました。

改めて下から見るとかなりの大きさ

入場後は、参拝ルートとして巨大な【香山昇龍大観音】の周辺を歩けるようになっています。

大きめの仏像は単色のものが多いですが、【香山昇龍大観音】はカラフルできれいです。

ねずみ年は千手観音菩薩

【香山昇龍大観音】の周辺には、いろいろな仏像が祀られています。

十二支霊場では、それぞれの干支にちなんだ御守本尊が8体です。

千手観音菩薩は、私の干支でもあるねずみ年です。

うし年ととら年は虚空蔵菩薩

仏像によっては、2つの干支の御守本尊の場合もあります。

うし年ととら年生まれの方は、虚空蔵菩薩です。

うさぎ年は文殊菩薩

うさぎ年生まれの方の御守本尊は、文殊菩薩です。

「三人寄れば文殊の知恵」で知られる文殊菩薩です。

そういえば、「三人寄れば文殊の知恵」は、どこかで聞いた気がする。

たつ年とへび年は普賢菩薩

私のお父さんが、へび年です。

普賢菩薩が御守本尊になるんですね。

普賢と聞くと、長崎県の普賢岳を起源とする温泉を思い出します。

うま年は勢至菩薩

うま年の御守本尊は勢至菩薩です。

勢至菩薩はあまり聞いたことがなかったので、調べてみたところ、阿弥陀三尊の脇侍としてということが多いとのことです。

単独ではほとんど出てこない仏像です。

ひつじ年とさる年は大日如来

大日如来は、有名な仏像ですね。

ひつじ年とさる年の御守本尊です。

とり年は不動明王

とり年生まれの方は、不動明王が御守本尊です。

不動明王と聞くと、思い出す場所があります。

そういえば、あそこには大日如来もいらっしゃいましたね。

いぬ年といのしし年は阿弥陀如来

十二霊場の御守本尊の最後は、阿弥陀如来です。

いぬ年といのしし年の御守本尊です。

あみだくじは、阿弥陀如来の後光に似ているからだという話もあります。

修行僧の像

十二支霊場のすぐ隣にあるのが修行僧の像です。

軽く持ち上がれば、本日は安泰とのことです。

きれいに並ぶ灯篭

【香山昇龍大観音】のちょうど右側あたりに、灯篭が並んでいました。

ずらっと並んでいる光景は、かなりの圧巻です。

お寺の鐘

仏像が多く祀られていますので、お寺の雰囲気が漂う場所もあります。

夕方にお寺の鐘が鳴るのは、今も昔も変わりません。

カラフルな仏像

周辺を歩いていると、【香山昇龍大観音】だけではなく、いろいろな仏像が祀られています。

もう少しで1周するという場所に、カラフルな仏像がありました。

ぼけ封じ観世音菩薩

ぼけ封じ観世音菩薩は、温泉地などでも見かけたことがあります。

年齢を重ねれば仕方のない事かもしれませんが、楽しい記憶や大切なことはずっと忘れたくないですね。

【香山昇龍大観音】の敷地内を散策!
見渡せる原鶴温泉周辺の景色

【香山昇龍大観音】の周辺を2周すると良いとされる

【香山昇龍大観音】周辺を2周すると、開運招福効果が高まるとされています。

言うまでもなく、もう1周したASUKAです。

ちゃっかりしてるね(笑)

ミニチュアにも見える【昇龍修学観世音菩薩】

【香山昇龍大観音】の敷地内には、ミニチュア版にも見える【昇龍修学観世音菩薩】がありました。

開運招福のパワースポットというだけあって、どの仏像もきらびやかで見るだけで良いことが起こりそうです。

売店ら式場所の奥に気になる看板がある

駐車場からも近い売店の奥に、気になる看板があったので行ってみました。

やや昔風のガチャガチャも気になります。

某テレビ番組で価値がついた手の置物

某テレビ番組で、高額な価値がついた手の置物が展示されていました。

椅子として使用できるそうですが、高価なものなので座るのにも勇気がいりそうですね。

ちなみに展示のみで、触ったり座ったりはできません。

こじんまりとした売店

どこか懐かしい、こじんまりとした売店がありました。

平日だったせいか、お客様もほとんどいませんでした。

原鶴温泉周辺が見渡せる展望台

【昇龍修学観世音菩薩】から売店に向かう途中あたりに、展望台の入口がありました。

腹鶴温泉周辺を見渡せるビュースポットです。

原鶴温泉周辺が一望

原鶴温泉は、湯けむりが立ち昇る場所ではありませんので、どの辺りがどうということはわかりませんが、周辺がのどかな光景だということはわかります。

この日は天気が良かったので、周辺の山々もきれいに見えました。

展望台の側には滝がある

展望台に向かう途中に、小さな滝があります。

この滝は池に流れ込んでおり、魚が泳いでいました。

ゆったりとおよいでいる魚

池の中では、鯉がゆったりと泳いでいました。

仏像と同じく、カラフルな色をしていました。

鯉のエサも販売されている

魚のエサも販売されていましたので、購入してみました。

100円で結構な量が入っています。

エサをまくと一気に寄ってくる

それまでのんびりと泳いでいた鯉ですが、エサがあるのを知ると一気に集まって来ました。

体の大きな鯉がエサをたくさん食べていました。

場所を変えつつ、小さい鯉にもエサを与えました。

駐車場にある謎の自動販売機

駐車場の近くに、1000円の自働販売機がありました。

何が出るかはわからないそうです。

参拝が終わったら、運試しにやってみるのも良いかもしれませんよ。

<広告>

【香山昇龍大観音】は本当にパワースポット!
漂う雰囲気だけで良いことが起きそう

いかがでしたか。

【香山昇龍大観音】の訪問体験レポートについて書かせていただきました。

もともと【香山昇龍大観音】は、パンフレットの写真であることを知り、なんとなく訪問してみました。

訪問してみてわかったのは、写真では伝わらない独特の雰囲気が漂っているということです。

行ってみた瞬間に、パワースポットだと実感できました。

これは私がそう感じただけなので、他の人がどうかはわかりませんが、行ってみる価値がある場所だと思います。

福岡県の旅行や原鶴温泉を訪問予定の方は、観光ルートの1つに加えてみるのも良いのではないでしょうか。

参考にしていただけたら幸です。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<広告>

最新情報をチェックしよう!