大分県国東市観光名所【両子寺訪問前編】 両子山中腹の六郷満山

大分県国東市は神仏習合の地

大分県には国東半島と呼ばれる場所があります。

地図で見ると、ぽっこりと海に突き出しているようにも見えます。

以前、【旅行記録】でも紹介させていただいた【熊野磨摩崖仏】も国東にあります。


かつて国東半島は、中央にある両子山(721m)から6つの里に分けました。

この地に開かれた天台宗寺院全体の総称が【六郷満山】です。

【宇佐八幡宮】の庇護と影響の下で、神仏習合独特の寺院集団と信仰が形成されました。

現在、1300年の節目を迎えようとしています。

六郷満山に関係する【仁聞菩薩】という人がいます。
大分県別府市の【観海寺温泉】を開いた人としても知られています。
温泉の開祖がお坊さんという場所は意外と多いです。


六郷満山の中心地ともいうべき両子山の中腹にあるのが【両子寺】です。

本記事では、【両子寺】を訪問した際の体験レポートをご紹介します。

【大分県】に旅行を検討している人はもちろん、県内在住の方も実際に【両子寺】を訪問している気分で読んでいただけたら幸いです。

六郷満山の1つ【両子寺】の基本情報


本章では【両子寺】の基本情報をご紹介します。

国東市へのアクセスは、電車の路線がありません。

車かバスでの移動になります。

私は車で移動しました。

大分市内から移動の際には、国道10号線経由のアクセスになります。
山道が多いから、走行するときには窓を開けたら虫がはいることもあるので注意!


■電車・バス

JR日豊本線【杵築駅】から【安岐バス停】まで乗車し、乗り換え後【両子寺バス停】へ
バスに乗車の際は、事前に時刻を調べておきましょう!

【両子寺】基本情報

・住所:大分県国東市安岐町両子1548
・TEL:0978-65-0253
・FAX:0978-65-0025       
・拝観時間:8:30~16:30              
・拝観料:300円(障碍者手帳提示で半額)        

■【両子寺】Googleマップ

【両子寺】訪問レポート!
拝観料を払い敷地内を散策

入るとすぐにお寺の雰囲気があります。

【両子寺】の駐車場から階段を上がると、受付があります。

こちらで拝観料300円を払い入場します。

入ってすぐ周辺の雰囲気はお寺になります。

【六郷満山】は、神と仏が一緒になった神仏習合の地です。

【両子寺】にもどこかに神社があるはずです。

入場してすぐは見つかりませんでした。

意外と新しい?

お寺によくある鐘は、見た感じ新しかったです。

名前が【令和の鐘】ですから、つい最近できたものだと思われます。

不動明王様も新しい雰囲気があります。

石造りの不動明王様もいました。

横にいるのは子供頃ののお釈迦様でしょうか。

般若心経が刻まれていました。

般若心経は聞く機会が多いお経です。

実家に帰ると、父が仏壇の前で毎朝唱えています。

私も高校時代に、写経をしたことがあります。

意味はよくわかりませんでしたが、ココロが落ち着いたことだけは覚えています。

願いを込めた絵馬

【両子寺】の絵馬は、縁結びや子宝の願いが込められています。

横にいるほうきをもった小坊主さんの像が、なんとなく良い雰囲気を出しています。

こういう石の塔はお寺でよく見ます。

【両子寺】で拝観していて思いました。

入口近くの石仏などは、比較的新しいものが多かったです。

釣鐘もそうですが、案外【令和】になって新しくしたのかもしれません。

こちら少し年季が入っていますね。

これで、【両子寺】のお寺エリアは終わりでしょうか。

ひとまず周辺を見てみました。

【両子寺】の神社エリアへ!
歩く場所は意外とハード

稲荷神社がありました。

【両子寺】のお寺エリアを抜けると、神社へと続く道になります。

周辺が一気に山の中のようになりました。

ん?もしかして?

最近、【熊野磨崖仏】や【原尻の滝】では、意外と歩き回ることが多いです。

【両子寺】も【熊野磨崖仏】に近いので、もしかしてと思ったら、その通りでした。

目の前には、上へと続く階段がありました。

小さな川があり、そこにかかっている橋の説明。

階段へと行く前に、石の橋がかかっていました。

【鬼橋】と言うそうです。

1枚岩でできているようですが、六郷満山には鬼の伝説でもあるのでしょうか。

調べてみたらありました。

というより、六郷満山自体が鬼と密接に関わっていました(笑)

神と仏と鬼の郷が六郷満山です。

2018年には鬼朱印という期間限定の御朱印帳もあったそうです。
六郷満山について
確かに1枚岩!

川にかかっている、1枚岩の橋を渡ります。

【原尻の滝】の吊り橋はかなり揺れましたが、ここは歩きやすいです。

ん?この水は?

流れている水を見ると、ついつい鉱泉ではないかと見てしまうのは温泉の専門家としての職業病です。

この水は多分ですが、鉄分が含まれていそうです。

この水の色は、鉄分もだけど、もしかしたらベースになるのは炭酸水素塩泉系かな?

・・・・・・・・・・・・・・・・。
普通はそこまで見ません(笑)

石の仁王様ですね

阿吽の呼吸でもお馴染み、仁王様の石像がありました。

こちらは【阿】の方だと思われます。

「あへっ?」という顔にみえるのは私だけでしょうか。

「吽」で間違いなさそうです。

こちらはキリッとした【吽】の仁王様です。

【阿吽】の2体で、ここを守ってくれているのですね。

うきゃ~!

上の方まで続く石段です。

まずは地道に登っていきます。

ちょっと一息入れます。

階段を登っていると休憩所がありました。

社務所のような場所もあるので、帰りに寄ってみることにしました。

今はまだ先があるので、一番上まで行ってみます。

年季の入った鳥居です。

少し年季の入った石の鳥居がありました。

先ほど稲荷神社はありましたが、ここからが本格的に神社エリアのようです。

奥の方には階段も見えます。

ここで手を清めます。

お地蔵様でしょうか。

先に進むため、ここでご挨拶をしておきます。

流れる水に気を取られていてはいけません。

だから……神社の御手水の流れる場所に手を入れる人は、ほとんどいません。(笑)

【両子寺】にはまだまだ先がある!


私の体験レポート記事あるあるですが、【両子寺】も後編に続きます。

次回は【両子寺】の一番上を目指します。


https://www.asukanoryokoukirokudayo.com/archives/2339

<広告>

最新情報をチェックしよう!