熊本県 の【白滝公園】を訪問!水のない滝の正体

滝という名前がついているが水が流れない【白滝】

寒い時期の車中泊に備えて、冬用タイヤにするか非金属チェーンを購入するか迷っているASUKAです。

雪が降るほど寒いと、コタツに入って車中泊をする夢を見ようかと考えてます。

それっって、ただ単に外出したくないだけでは?

車中泊の夢は車中泊ではないように、滝ではないのに滝という名前がついている場所があります。

正確に言うと、滝なのに水が流れていません。

場所は熊本県の五木村で、名前は【白滝】です。

本記事は熊本県の【白滝公園】を訪問した際の体験レポートです。

熊本県に在住の方はもちろん、今度旅行で行こうかと検討されている方も、本記事を参考にしていただけたら幸いです。

また、本記事の【白滝公園】訪問時と実際に訪問した際の状況が変わっていることがあります。

あしからずご了承くださいませ。

<スポンサーリンク>

レンタルサーバーなら【Z.com】

熊本県【白滝公園】基本情報

簡単な絵で地図が書かれているのでわかりやすい

最初に【白滝公園】の基本情報について書かせていただきます。

実は私が【白滝公園】を訪問したのは、看板を見かけたからでした。

遠征で移動の際に、何度か【白滝公園】の看板は見たことがありましたがなかなか立ち寄る機会がありませんでした。

ある時に思い切って立ち寄ってみたのが本記事の内容です。

・住所:〒868-0202 熊本県球磨郡五木村乙1532-1
・お問合せ: 0966-37-2212
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・駐車場:あり(無料)
2021年1月現在の情報です。
石灰岩が滝のように見えるため【白滝】

実際に水が流れているわけではありませんが、高さ70m幅200mで広がる【白滝】は、下から見上げると圧巻です。

【白滝公園】遊歩道の近くには、きれいな緑がかった色の川が流れています。

暑い時期は、川遊びをすることもできます。

下記に【白滝公園】の地図を貼り付けています。

こちらの地図は、パソコンだけではなくスマホからも見ることが可能です。

スマホからすぐに見たい時は、目次欄から地図の場所へ移動できますので、世戸に合わせてご利用ください。
もちろん、記事の最初から地図の場所までスクロールしても大丈夫ですよ。


熊本県 【白滝公園】Googleマップ

<スポンサーリンク>

ほしいものはAmazon.co.jpで探してみませんか?

熊本県 の【白滝公園】を訪問!
最初に橋を渡り遊歩道へ

【白滝公園】駐車場から橋を渡る

【白滝公園】は、駐車場から橋を渡ります。

遊歩道は川に沿って整備されています。

ちょうど川を横切る感じで2ヶ所の橋があります。

【白滝公園】hはは飯干川と五木小川が交わる付近にある

【白滝公園】の前を流れる川は、五木小川ですが、すぐ近くに飯干川との合流地点があります。

山が近いということもあり、ゴツゴツとした岩も多いです。

【白滝公園】内に水飲み場や休憩所もある

【白滝公園】内には、水飲み場や休憩場もあります。

すぐ隣を流れているのはかなりきれいな川ですから、きっと飲める水だと思っていたら、実際に湧水スポットでした。

雄大に広がる【白滝】の光景

休憩場所から上を見上げると、雄大な【白滝】の光景を見ることができます。

雨が降った時は、かなりの水量の水が流れるのではと期待しましたが、この日はかなり良い天気でした。

いや。
それ以前に滝になるほどの雨だったら、川も近いから別の危険があるんじゃない?

確かにその通りです。
大雨の際は、川に近づかないよう注意してくださいね。

【白滝公園】内の鍾乳洞の看板

【白滝】は石灰岩でできています。

石灰岩と言うと、鍾乳洞を思い出す人もいらっしゃるのではないでしょうか。

【白滝公園】内に鍾乳洞の看板があったので、行ってみることにしました。

残念ながら鍾乳洞へは立ち入りできず

鍾乳洞は100円を入れると自動で電気がつくシステムです。

しかし残念なことに、私が訪問したこの日は鍾乳洞の工事をしており、立ち入りはできませんでした。

本記事を読んでいる皆様が訪問する際は、きれいに治っていると良いですね。

熊本県 【白滝公園】内を散策!
鍾乳洞以外にも見所がある

遊歩道から川に降りられるようになっている

鍾乳洞に入れなかったのは仕方ありませんので、【白滝公園】を散策することにしました。

【白滝公園】の事前情報は全くなかったので、きれいな川だなと思いながら遊歩道を歩いていました。

川岸に降りられる場所もありましたので、川岸にも行ってみました。

水着があれば泳げそうです。

ASUKAちゃんだったら、湯あみ着で大丈夫そう。

後ろに乗せてた湯あみ着、取りに来ようとしてなかった?

そ、そんなことは…。(笑)

【白滝公園】のもう1つの橋

【白滝公園】には、2ヶ所の橋があります。

せっかくなので、もう1つの橋も渡ってみました。

橋から遊歩道と川岸付近を撮影

高いところは苦手ですが、橋の上から遊歩道と川岸を撮影してみました。

上から見ると、川の色が緑がかっていてきれいなのが良くわかります。

【白滝公園】橋を渡った先は普通の道路

【白滝公園】の橋を渡ると、普通の車道でした。

鍾乳洞の工事車両と思われるトラックなども置かれていました。

立ち入り禁止看板もいくつかありました。

橋を渡って引き返す

【白滝公園】の一部が工事中で、立ち入り禁止区域があるなら仕方ありません。

先ほどの橋を渡り、元の場所へと戻ります。

遊歩道に湧水スポットがある

鍾乳洞に向かう際は、ただの水道かと思っていましたが、看板を読むと天然水だったようです。

ポリタンクがなかったので汲みませんでした。

阿蘇神社と書かれた鳥居

遊歩道内には、阿蘇神社と書かれた鳥居がありました。

奥に見える建物は神社に見えますが、違う気もします。

雨が降りそうでしたので、確認せずに立ち去りました。

ちなみに阿蘇神社は全国に500社あります。

その中の分社の1つでも不思議はありません。

遊歩道を散策し駐車場へ向かう

遊歩道を散歩していると【白滝】はもちろんですが、周辺の自然の光景を眺めることもできます。

駐車場近くにはカフェもあります。

遊歩道を散策後、一息入れたい時に寄ってみてはいかがでしょうか。

川の流れも見ていると癒される

【白滝】は水が流れる滝ではありません。

しかし、【白滝】石灰岩の眺めは雄大ですし、流れる川が鍾乳洞などに続いていますので、滝と言っても良いのかなと個人的には思いました。

熊本県でも珍しい【白滝】!
水のない滝は一見の価値あり

いかがでしたか。

熊本県にある【白滝公園】の基本情報と訪問レポートについて書かせていただきました。

実際の所、今までの記事でいくつかの滝スポットを紹介させていただきました。

しかし、水の流れない滝は、本記事の【白滝】が初めてでした。

人によっては「これは滝じゃない」という人もいるかもしれませんが、私は【白滝】は滝に入れて良いと思いました。

本記事を通して、【白滝】に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

それでは、「熊本県 の【白滝公園】を訪問!水のない滝の正体」の記事をここまで読んでいただき、本当にありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

ブログランキング参加しています!
応援してくれたらうれしいです。

最新情報をチェックしよう!