大分県国東半島【文殊仙寺訪問 後編】 奥の院周辺散策と帰り道

ついに【文殊仙寺 奥の院】に到着しました。

先日、国東半島にある【文殊仙寺】を訪問させていただきました。

【文殊仙寺】は、六郷満山の1つです。

六郷満山は2018年に開山1300年を迎えました。

仁聞菩薩によって開かれた六郷満山は、神仏習合の地としても知られています。

神仏習合とは何だろ?
聞いたことがあるけど、よくわからん。

神仏習合とは、神様を祀る神社と仏様のお寺が一緒になったものを言います。
ちなみに仁聞菩薩は大分県別府市の観海寺温泉を開いたことでも知られています。

本記事は【文殊仙寺】を訪問した際の体験レポートの後編になります。

本記事は旅行体験レポートです。

実際に訪問している気分で読んでいただけたら嬉しいです。

また、本記事をキッカケに訪問を検討していただけたら、さらに嬉しいです。

<広告>

【文殊仙寺】の基本情報とアクセス

【文殊仙寺】には車移動がおススメです。

最初に【文殊仙寺】の基本情報とアクセスについてそれぞれ説明します。

おすすめは車移動です。

バスを利用する場合には、出発時刻の確認をしておくことをおススメします。

基本情報

・住所:大分県国東市国東東町大恩寺12432
・TEL:0978-74-1400
・公式サイト:https://www.monjyusenji.com/

アクセス

●車
・大分県別府市内から車で約1時間30分
・大分空港から車で30分

●電車・バス
・JR日豊本線【杵築】駅より【国東】行に乗車
【国東】から【文殊】行に乗り換え【文殊】バス停で下車後徒歩約5分

【文珠仙寺】Googleマップ

国東付近もだけど、大分県内は結構山道が多いからクネクネ道や急カーブが多いです。
また1車線の道路も多いですので、急いでいる車が後ろから来た時には停車できそうな路側帯を利用して先に行ってもらうのも1つの方法です。

良い運転練習にはなるけど、本当にここ離合可なの?という場所もあります。
山道に入ったらスピードをあまり出さないようにして安全運転を心がけましょう。

【文殊仙寺】奥の院に到着!
参拝だけではなく周辺も散策

最初に【文殊仙寺】の【奥の院】にお参りします。

【文殊仙寺】の拝殿は、文殊菩薩が祀られています。

正面から撮影したかったですが、通路が狭かったのとその先が森でしたので、写真の位置からになりました。

五色の布は五色絹というのが正式名称です。

鯉のぼりの吹き流しなどと同じく、厄除けの効果が期待できるとされています。

まずは【文殊仙寺 奥の院】の参拝入口から行ってみます。

さすがに拝殿の中に行って、写真を撮影するのもなんですよね。

本記事を読んだ方が、訪問した際の楽しみにしてくだされば良いかと思います。

ひとまず周辺を散策してみます。

こちらも文殊菩薩でしょうか?

石でできた仏様が数体祀られていました。

ちょうど家の写真の参拝入口から入った奥になります。

絵馬を奉納する場所ですので、もしかすると文殊菩薩かもしれませんね。

【文殊仙寺 奥の院】のすぐ隣にあった十六羅漢です。

十六羅漢の石像です。

お釈迦様の特に優れたお弟子さんが十六羅漢像です。

昔、お釈迦様にちなんだ漫画がありましたが、そこに出ていたお弟子さんもこちらにいらっしゃるのでしょうか。

まだまだ先があるようですね。行ってみましょう。

【文殊仙寺 奥の院】のまだ先がありました。

階段が続いていますので登ってみます。

木の根っこと石段のコラボが良いですね。

これは修験者の道かと思うような造りの階段がありました。

足元に注意しながら登っていきます。

この家紋はどこかで見たことがあるような気がします。

うちの家紋に似ているのでそうかと思ったら、全く違っていました(笑)

【文殊仙寺】自体の家紋でした。

目の前に現れた急な階段です。

この階段を登ると、どこに行くのでしょうか。

結構急なので、足元に気を付けながら進みます。

神社などによくある本殿のようです。

神社には拝殿と本殿があるのが一般的です。

【文殊仙寺】はお寺です。

お寺の場合は、本堂が1つだけというところが多い気がします。

【文珠仙寺】は、神仏習合ということもあり本殿があるのではないかと思われます。

石の五輪塔でしょうか。

石と言うとあそこを思い出すよね。
【熊野磨崖仏】

本殿から降りた場所にあった広場です。

本殿参拝の後は、階段を降りました。

木でできた休憩できそうな広場がありました。

ちょっと一息です。

木の生命力が感じられますね。

周辺を見渡すと、本当に山の中という光景が広がります。

根っこがこんなに伸びるなんて、木の生命力はすごいですね。

あそこはもしかして。

先ほど本殿参拝で登った階段です。

遠目から見ても、結構急ですね。

【文殊仙寺 奥の院】の拝殿も見えました。

休憩広場が少し高台になっていました。

おかげで【文殊仙寺 奥の院】の拝殿が見えました。

木が生い茂っていましたが、それもまた魅力の1つですね。

こうしてみると【文殊仙寺 奥の院】はすごい場所にあります。

木の隙間から【文殊仙寺 奥の院】を撮影してみました。

崖に沿って建てられている姿は、写真で見ても迫力があります。

<広告>

登りがけに気になった休憩場所を改めて訪問!
もしかしてここが本来の【文殊仙寺】入口?

さて下山しましょうか。

本当に山登りという言葉がぴったりの【文殊仙寺 奥の院】でした。

下山する際に、行きがけ気になった休憩場所を確認してみることにしました。

石仏も年季が感じられます。

森の中で静かにたたずむ石仏たちです。

ずっとこの場所を見守ってきたのでしょう。

聖徳太子とはあの聖徳太子ですよね。

聖徳太子と言うと奈良県に祀られているイメージが強いです。

大分県でも祀られていたことに驚きました。

確かに知恵がある人つながりで言うなら、聖徳太子が祀られていても不思議はありませんね。

そういえば不動明王を巡る参拝もあると聞いたことがあります。

霊場巡りで有名なのは、四国八十八ヶ所巡りですが、九州三十六不動霊場というものもあります。

九州三十六不動霊場は不動明王の眷属三十六童子にちなんだ不動明王の曼陀羅世界を現したものです。

難しいことはよくわかりませんが、不動明王のご利益が期待できる場所という事ですね。


山門があるという事はここが入口でしょうか。

さらに奥へ進むと山門がありました。

近くには駐車場もありましたので、ここが本来の入口でしょう。

すると私が歩いた階段は、修行用ということでしょうか。

たくさん歩くのはいつものことだから気にしなくていいんじゃない?(笑)

一応、これでもか弱き乙女なんですが。

なんやかんやで毎回ハードなコースを歩きまくってるくせに。

残念ながら逆光になってしまいました。

この塔も【文殊仙寺】では有名な場所なのだそうですが、逆光になってしまいました。

【ほうしょういんとう】と言う名前です。

漢字が難しく変換できなかった部分がありましたので、ひらがなにしてみました。

ありがとうございました!

無事【文殊仙寺】の参拝を終え、帰路に就くことにしました。

汗をたくさんかきましたので、帰りに近くの温泉で汗を流しました。

サッパリしました。

体を動かした後の温泉は、最高ですね(笑)

【文珠仙寺 奥の院】まで訪問!
動きやすい服装と歩きやすい靴が良い

【文殊仙寺】は階段が長くハードです。

動きやすい服装と、歩きやすい靴で訪問することをおススメします。

道中は本当に大変ですよ。

私が訪問した日は親子連れのご一行様がいて、お子様が途中で疲れたと泣いていることもありました。

休憩場所も一か所のみですので、しっかりとした準備をしておくことをおススメします。

そういうわけで、【文殊仙寺】前編と後編を読んでいただき、ありがとうございました。

どちらかだけしか読んでいないという方も、ありがとうございます。

【文殊仙寺】を訪問する際の参考にしていただけたら幸いです。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!

最新情報をチェックしよう!