大分県が誇る国宝【臼杵石仏訪問その1】 約30年ぶりの記憶

【臼杵石仏】は約30年ぶりの訪問でした。

【大分県】別府市に在住の私ですが、実は小学生の頃に家族旅行で毎年来ていました。

父が趣味で習っていた手品の先生が、別府にある【ラクテンチ】という遊園地でマジックショーをしていたというのが理由です。

宿泊していたのは、現在では老人保養施設になっている【白雲山荘】でした。

近くに【スギノイパレス】という全国的に有名なホテルの附随施設があり、よく遊びに行っていました。

【夢の大温泉】や【花の大温泉】という大浴場があり、男女日替わりだったのを覚えています。

しかし、ある年に父が【臼杵石仏】を見に行こうという話なり、別府から1時間をかけて訪問しました。

現在は修復されていますが、当時は首だけの石像が有名でした。

お土産物屋でも「臼杵の石仏は首だけが売り」と思えるような商品が多々ありました。

それから、約30年の月日が流れました。

現在、【大分県】の別府市に在住の私は、つい数ヶ月前まで1日に数湯の温泉に入浴するほど温泉好きでした。

しかし、新型コロナウイルスの影響もありあまり出歩かなくなりました。

「【大分県】にある空気の良い観光スポットを訪問すれば、新型コロナウイルスも怖くないかも」

そんな思い付きから、【大分県】内の観光スポットを巡るようになりました。

【臼杵石仏】を訪問したのは、幼き日の思い出があったという事もありますが、修復された石仏を見てみたいという個人的な理由からでした。

大分県の国宝【臼杵石仏】訪問!
アクセスや基本情報を紹介

あ、あなたはまさか?Hさん?

本当に別府市内から1時間以上かかったという感じやね。
他にもアクセス方法はあるのかな?

ひとまず基本情報をご紹介させていただくとしましょう!

■【臼杵石仏】基本情報

案内板があるのは良いですね。
●拝観料

大人(高校生以上) 550円 
小人(小中学生)    270円

●住所:
〒875-0064 大分県臼杵市大字深田804-1

●連絡先:
臼杵石仏事務所 0972-65-3300 (電話受付時間 8:30~17:00 年中無休)
臼杵市おもてなし観光課 0972-64-6080
臼杵市観光情報協会 0972-64-7130

●営業時間:
4月から9月までの間  朝 6:00 ~ 夜 7:00 まで
10月から3月までの間 朝 6:00 ~ 夜 6:00 まで
※2020年8月現在


■【臼杵石仏】アクセス

駐車場も結構広い!
〇乗車バス停:臼杵駅

【大分県庁前】行または【三重】行に乗り【臼杵石仏】で下車

〇乗車バス停:大分駅前4【臼杵駅】行または【臼杵港】行に乗り【臼杵石仏】で下車

参考URL:https://sekibutsu.com/access
バス利用に際には、事前に時刻を調べておきましょう。

■【臼杵石仏】Googleマップ

別府市から、結構たくさん走れて楽しかったよね。
バスで行くときには、事前に時刻を調べておこう!

なんやかんやで30年ぶりの【臼杵石仏】
どんな雰囲気だった?

まずは周辺を見渡す!

【臼杵石仏】を訪問するのは30年ぶりですし、当時はお父さんが車を運転していす。

【おませさん】だったかもしれませんが、後部座席で居眠りをしていたのは間違いありません。

だって、全然記憶に残っていませんから(笑)

周辺を見渡しても、初めて感しかありませんでした。

なるほどこういう感じなのですね。

この日、私の他に家族連れのお客様が来ていました。

受付で何やら話し込んでいましたので、私は終わるのを待っていました。

拝観料を払います。

いや…改めて見ると、私の手ってでかいわ(笑)

学生時代はバスケットボールをやっていて、大人になってからは飲食店の厨房という過酷な仕事をしてきました。

女の手には人生が宿ると言いますが、私の場合波乱万丈過ぎない?

いやいや。
あなたの手より、石仏が気なるよ(笑)
修復されたというのが写真の石仏ですか?

はい。
結論から言えばそうですが、せっかくの体験記事です。
【臼杵石仏】の雰囲気を味わってください。

駐車場に看板がありました!

受付を終えて、【臼杵石仏】の参拝を始めます。

駐車場に【石仏】という看板があり、わかりやすかったです。

でも、なぜ温泉に浸かっているのでしょうか。

臼杵に温泉はあったよね。

はい!
臼杵にも有名な温泉がありますよ!



でも、石仏が温泉に入浴してるなんて、おんせん県の【大分県】ならではですね。

ちょっとした表参道ですね。

訪問したのが平日だったこともあり、人は少なかったです。

新型コロナウイルスの影響もありますね。

丁寧な案内板です。

最近の体験レポートは階段やら山道が多かったので、こういう舗装された道路と案内板は、それだけで嬉しくなります。

鍾乳洞ですか。

20km先に鍾乳洞があるのですね。

でも、本記事は【臼杵石仏】なのでスルーします。

そろそろ着くのかな?

意外と石仏までの距離がありますね。(笑)

歩くのは大好きなので、苦痛に感じませんが汗が出てきました。

温泉に行きたいな。(笑)

ここでチケットを渡すのですね。

ここからが本当の参道開始です。

では、次章から参道を紹介しますね。

【臼杵石仏】の参道スタート!
最初に出会うのは【ホキ石仏第二群】

最初は「ホキ石仏第二群」

【臼杵石仏】で一番最初に出会うのは【ホキ石仏第二群】です。

【ホキ】とは崖と言う意味です。

【臼杵石仏】自体が、平安時代から鎌倉時代に彫刻されたといわれています。

清少納言や紫式部がいた平安時代から、源頼朝がいた鎌倉時代に彫刻されたなんて、歴史好きにはたまらない石仏ですね。

とりあえず参道入り口付近を眺めてみました。

参道と書かれていた看板を見た瞬間、「もしかするとまたかなり歩くのか」と直感しました(笑)

体験記事ですから仕方ありません。

腹をくくっていきたいと思います。

国宝臼杵石仏!

それでも、今までの【大分県】訪問の中では、きれいに舗装された参道だと思います。

こういう解説はそそられます。

【臼杵石仏】は全部で4つに分類されています。

もちろんすべて行きますが、私が会いたいのは【古園石仏】だとわかりました。

これは新しいですね。

お寺についてはよくわかりませんが、これは煙を頭にかけると的なものでしょうか。

参道はきれいです。

きちんと舗装されているだけで、嬉しくなってしまいます。

訪問先が、かなり大変な道だった時もありますので。

ぼんやりと記憶が蘇ります。

実際に来るまでは、【臼杵石仏】についてほとんど覚えていませんでした。

しかし、少しづつ「30年前に歩いたのではないか」という記憶が蘇りました。

何か建物が見えてきました。

道の先に真新しい建物が見えてきました。

30年前は、もっとボロボロだった覚えがあります。

石仏も見えてきました。

「私が初めて訪問した時はどんな感じだったかしら」と記憶の糸を手繰ります。

年季入っています。

ここにある建造物からすれば、30年なんてつい最近だと思います。

私のことを覚えていてくれてるかな。

ひとまず到着!

【ホキ石仏第二群】に到着しました。

すべて【阿弥陀如来像】というところがすごいですね。

ところで【阿弥陀如来像】とはどういう仏様?

【阿弥陀如来】は、大乗仏教における如来の1つです。
如来については諸説ありますが、真理を悟ったものと言う意味です。

阿弥陀如来様達です。

そういえば【あみだくじ】は、【阿弥陀如来】の後光似ていることからその名前が付いたと言われています。

改めて周辺も見渡してみる。

周辺の石灯籠も、かなりの年季が入っていますね。

こちらも、平安時代からあるのでしょうか。

ホキ石仏第二群は大きく分けて2つある。

【ホキ石仏第二群】は、【阿弥陀如来像】と【観音菩薩立像】がいる場所にそれぞれ分かれていました。

歴史を感じる石仏です。

座像というだけで、【阿弥陀如来立像】と一味違う石仏です。

【臼杵石仏】のすべてが人の手によって彫られ、現在まで残っているのかと思うと不思議な感覚に包まれます。

【臼杵石仏】はまだまだ続く!

本記事では【ホキ石仏第二群】までの紹介となります。

【臼杵石仏】の魅力はまだまだ続く!

そういうわけで、【臼杵石仏】訪問の第1回目を書かせていただきました。

 

第2回目は、下記リンクから読むことができます。

<広告>

最新情報をチェックしよう!