将来につながる道を探せ! 意外にフッと思いつくことがある

本サイトは、フリーライターをやっている私が、これからライターを目指す人に贈る熱いメッセージを伝えるべく書き始めました。

最初は、別サイトでなんとなく書き始めたものが始まりでした。

私自身は、なんとなく体験したことなどを書いていただけですが、それを読んでくれている人がいるのだと思うと、気恥ずかしいやら嬉しいやらです。

本記事では、【将来につながる道を探せ】とタイトルにも書いています。

意外にフッと思ったことが人生を変えるかもしれないという事について、私なりの持論を書かせていただきます。

現在、「自分はどうすればライターになれるのだろう」と悩んでいる方は、参考にしていただけたら幸いです。

将来につながる道は平坦とは限らない
でも楽しく歩こう!

私自身は、高校生の頃に小説家になりたいという夢がありました。

学校の休憩時間やお昼休みには、本を読んでいるか小説を書いていました。

よく書いていたのは、ファンタジー小説でした。

自分なりの設定を考えて100枚~200枚のものを黙々と書いていました。

そんな時、友人からテーブルトークRPGに誘われました。

テーブルトークRPGと言うのは数種類のサイコロを使い、自分のキャラクターを作って会話形式で行うゲームのことです。

ゲームマスターという人が世界設定などをつくり、他の人が実際にその世界でキャラクターとしてプレイします。

要するにテレビゲームで流行りのRPGゲームの実体験版と言った感じです。

サイコロでキャラクターの強さや攻撃力などが決まるため、実際ゲームをしているようで面白かったです。

また、プレイする人も実際の友人ですので、複数人でワイワイと冒険するのはテレビゲームとは一味違います。

そんなある日、私はふと思いました。

「今までプレイヤーとして参加していたけれど、ゲームマスターとしてゲームをつくるのはどうなの?」

フッと思いついて始めたものの、これが大変な作業でした。

今まで、小説で考えていた設定はある程度大まかに作成していても修正がききました。

しかし、テーブルトークRPGの場合は、世界のどこに町があって、どんな敵キャラクターがいてなどの細かい設定も考えなければいけませんでした。

さらにプレーヤーによっては、予期しないことを言い出すこともあるため、アドリブで舞台設定を考えたり、即興で作ったキャラクターをどのようにつなげるかなども考える必要がありました。

自分ではない考えで進むことがあると言うのは、ある意味人生と似ているなと思います。

どんなゲームでも、自分が決めた平坦なストーリー通りに進んだという事はほとんどありませんでした。

あれから数十年が経ち、時々当時のことを思い出します。

とにかく純粋に小説を書き、友人と楽しもうとゲームを考えていたあの頃の私がいたから、きっと今につながっているのではないでしょうか。

思い悩むよりフッと考えたこと
将来につながる道かもしれない!

最近でこそ前向きな会話で、ポジティブシンキングであることも多い私ですが、大分県の別府市に移住するまではネガティブな人間でした。

特に社会人になってからは、小説ばかりでろくに勉強もしてませんでしたし、学歴も高くないので良い仕事が見つかりませんでした。

アルバイトでなんとか生計を立てつつ、日々を過ごしていました。

また、就職できてもワクワクしたのは最初だけで、仕事がこなせるようになると繰り返しの毎日が嫌になり、1~3年で退職してしまいました。

30代まではそんな生活でもなんとかなりましたが、40代になってからは一気に就職がしづらくなりました。

世間的には40代と言えば、ベテラン社員や役職になっていても不思議ではない年代です。

そんな年齢なのに転職回数は多く、資格もそこまでまともに持っていないとなれば採用する側も躊躇して当然です。

唯一の希望は料理人経験からの転職でしたが、それも40代の新人ということで敬遠されてしまいました。

20代の頃と同じく、パートやアルバイトで生計を立てる日々が続き、人生こんなものだとあきらめていました。

常に何か悩んでイライラしており、言葉を発すればネガティブな内容ばかりでした。

そんな時でした。

職場の同僚のアドバイスで小旅行に行こうと思った時、フッと大分県の別府市に行こうと思いました。

まさかこの時の旅行が、後に別府移住を考えるまでになり、実際に移住してしまうのですから人生はわかりませんね。

フッと思うことが大切
将来につながり花開くこともある!

大分県の別府市に移住してからも、フッと思う事は多々ありました。

その時には思いを否定せず、流れに任せるようにしました。

すると、人生がどんどんと好転してきました。

好転すると、それがあたり前のように思ってしまうこともありますが、そういう時ほど感謝の気持ちを持つようにすると、もっと良くなることもあります。

しかし、一番初めにライターになれた時、私は自分の夢が実現したという実感がありませんでした。

小説家という夢は、いつしか何かを書いて生計をたてたいと思うようになっていましたが、それがライターとは考えませんでした。

ブログなどはずっといろいろな形で書いていましたし、パートで働いていた時期でもありましたので、余計にそう感じたのかもしれません。

しかし、フリーライターになった現在、自分の夢で生計をたてられているという実感を毎日感じています。

それは私が、フッと思ったことを実行に移した結果です。

「将来につながる道は、案外既に用意されていて、フッと力を抜いた時に見えてくるものではないか。」

最近、フッとそんな思いが湧いてくることがあります。

本記事をここまで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

<広告>

隔週刊 必殺シリーズDVDコレクション
最新情報をチェックしよう!