大分県観光名所【原尻の滝 後編】無料の高速道路でアクセス


【原尻の滝】はやっぱりすごい!

最近は記事の更新も少しのんびりペースです。

どの記事も、いろいろ考えながら書いています。

そうは言っても、始めた当初はツッコミどころも多く時々リライトしています。

毎日、なんらかの形でライティングしていた頃と違い、自分の運営するサイトというのは本当に面白いです。

いろいろありましたが、ようやく日常が戻りつつあるのか、逆戻りなのかよくわかりません。

私のことはさておきまして、本記事は【原尻の滝】訪問の後編です。

本記事は【原尻の滝】の周辺散歩なので、のんびりとした気分で読んでいただけたら幸いです。


大分県別府市から【原尻の滝】へアクセス!
途中に無料の高速道路があって便利!

時期によってはチューリップ畑も!

【原尻の滝】を初めて訪問したのは、2020年4月頃でした。

それから、何度か気が向くたびに訪問しています。(笑)

ここだけの話、Hさんが来てから1人外出が増え、空気の良い場所に行っていたら写真が10000枚を超えてしまいました。
行ったことを忘れかけている場所もありますので、記憶があるうちに書いていきたいと思っています。

記憶がなくなったら、確認でまた行こう!
ワクワクワク。

【原尻の滝】は、大分県内にあります。

私は同じ大分県の別府市に在住しています。

【原尻の滝】へは、毎回車で移動しています。

大分市内あたりまでは、時々温泉や買い物で行くこともあり日常的な場所です。

大分市内から少し車で進んだ犬飼という場所にあるICから、無料の高速道路に乗ることができます。

初めて通った時は、正直に言って驚きました。

「間違えて有料の高速道路に乗ってしまったのか」と思う程でした。

時速70kmで走れる区間と時速80kmの区間があります。

行きはナビを頼りいくと自然にという感じでしたが、帰りは完全にICの入り口でしたので、ドキドキしながら乗りました。

別府市内や大分市内から【原尻の滝】を訪問したいという人におすすめの高速道路です。


■【原尻の滝】地図

【原尻の滝】周辺を散歩!
きれいな水車小屋を発見

改めて【原尻の滝】を紹介!

【原尻の滝】へのアクセスを前記事で紹介しようかと思っていましたが、魅力を書いていたらすっかり忘れてしまいました。

こうして本記事でしっかり紹介しましたので、参考にしていただけたら幸いです。

それでは、【原尻の滝】の周辺散歩を開始します。

実際に訪問している気分で読んでみるのも、体験記事の1つの楽しみ方です。

遊歩道はきれいに整備されています。

【原尻の滝】は、大迫力でまさしく東洋のナイアガラです。

周辺には、田畑が広がっておりのどかな雰囲気が漂います。

初めて行くと、周辺とのギャップに驚くよね。
滝が本当にあるのって感じだし。
まあ、道の駅があるからPRはしてるんだけど(笑)

遊歩道から見る【原尻の滝】

この写真のように、森の中的な雰囲気が出せるのも【原尻の滝】の魅力です。

少し天気が悪かったこともあり、意外と水量が多く迫力がありました。

天気が悪いに勢いが良いなんて、私みたいやね。

まあ火山が起源の滝だからね。
直接温泉と関係なくても、遠い親戚みたいなものやね。

いや。
その考え壮大すぎだから。

水車を見つけました。

周辺を歩いていると、水の勢いで動いている水車を見つけました。

水車を見るのは大好きです。

実は【花水車】というお店でした!

水車が設置されていたのは、【花水車】というお店でした。

【花水車】では、お土産物などを売っていました。

地元の名産などもあるのかな。

【花水車】小屋の雰囲気も良いですね。

藁ぶきの水車小屋なんて、田舎の雰囲気が漂のっていて癒されます。

なんとなく、地元北九州市の田舎町を思い出しました。

【原尻の滝】恐怖の吊り橋!
いざチャレンジ

ぶるぶるぶる。

【たきみばし】という名前の橋です。

見た目は怖くないのですが、渡り始めるとグラグラ揺れるという特典付きです。

しかも、端っこからは下が丸見えですのでかなり怖いです。

結局、この日は吊り橋渡れたの?

あははははは。
まあ…読んでください。

そうなんです。

この日の私の目標は、この吊り橋を渡り切ることでした。

数歩歩いては揺れて怖くなり引き返し。

遊歩道を通って逆側に行ってチャレンジするも、また怖くなって引き返しでした。

遊歩道歩いた勢いで!

坂道や階段を勢いよく走って降りると、なんとなくスピードがついたような気がしてきますよね。

私もスピードを出すべく、階段から勢いをつけて…。

………。
はよ行け!

きゃ~!

勇気をもって行きました!

いや、本当に怖かったです。

意を決して渡るときに限って、人が後ろからくるので戻れないし橋は余計揺れるし。

両方のロープを握りながらでしたので、写真は撮れませんでした。

でも、なんとか無事に渡り切ることはできました。

よく頑張ったね。
ひとまずお疲れ様!

何度も行きたくなる迫力!
観光スポット【原尻の滝】の魅力

いかがでしたか。

本記事で【原尻の滝】の体験レポートは終了です。

もしかすると、前記事に比べたら、少し物足りなさが残るかもしれませんね。

【原尻の滝】は、何度も行きたくなる魅力があります。

また訪問し、勢いのある体験レポートを書きたいと思っています。



※ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事をリライトしているのは2020年8月です。

6月に【原尻の滝】を訪問した体験記事を、下記からリンクしています。

興味のある方は、お気軽にお読みくださいね。

<広告>

最新情報をチェックしよう!